beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[W杯アジア最終予選]W杯出場は日本、豪州、イラン、韓国…POはウズベキスタン対ヨルダン

このエントリーをはてなブックマークに追加

 W杯アジア最終予選は18日に全日程を終了し、W杯に出場する4チームが決定した。すでに出場を決めている日本のほか、オーストラリアが3大会連続4回目、イランが2大会ぶり4回目、韓国が8大会連続9回目の本大会出場を決めた。

 プレーオフには、A組からは2位韓国に得失点差でわずかに「1」及ばなかったウズベキスタン、B組はホームでオマーンを1-0で下し、逆転で3位に滑り込んだヨルダンが出場することが決定した。9月6日と10日にホーム&アウェー戦を行い、南米5位チームとの大陸間プレーオフ進出をかけた戦いを繰り広げる。

[A組]
ウズベキスタン 5-1 カタール
韓国 0-1 イラン
※試合なし:レバノン

1.☆イラン(16)+6
2.☆韓国(14)+6
3.ウズベキスタン(14)+5
4.カタール(7)-8
5.レバノン(5)-9

[B組]
オーストラリア 1-0 イラク
ヨルダン 1-0 オマーン
※試合なし:日本

1.☆日本(17)+11
2.☆オーストラリア(13)+5
3.ヨルダン(10)-9
4.オマーン(9)-3
5.イラク(5)-4


▼関連リンク
ブラジルW杯アジア最終予選特集

TOP