beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

完全に泥仕合…イラン監督「挑発は韓国が先」、韓国「FIFAに訴える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 18日に行われたW杯最終予選の韓国対イランの一戦は、1-0でアウェーのイランが勝利し、グループ首位でW杯本大会出場を決めた。敗れた韓国もウズベキスタンを得失点差で上回り、辛くも本大会出場を決めた。

 試合前から舌戦が繰り広げられていた一戦だが、試合を終えても収まりそうにない。韓国側のスタッフによる暴行と取られかねない行動も問題となっているが、『中央日報』など韓国メディアは試合後に起こった別の問題を取り上げ報道している。

 まず韓国側が主張するところによると、イランのカルロス・ケイロス監督が試合後に韓国ベンチに近づき、ガッツポーズをするなど挑発行為を行ったのだという。サッカー協会の関係者は「国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)に訴える」とまで警告している。

 しかしケイロス監督は「チェ・ガンヒ監督が先に挑発した」と応戦。収拾のつかない泥仕合の様相を呈している。


▼関連リンク
ブラジルW杯アジア最終予選特集

TOP