beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「いい感じで入った」、俊輔の芸術FKなどでアウェーのマリノスが鹿島に先勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.23 ナビスコ杯準々決勝第1戦 鹿島0-2横浜FM カシマ]

 ナビスコ杯の決勝トーナメントが23日、各地で開幕した。横浜F・マリノスは敵地で鹿島アントラーズと対戦し、2-0で勝利した。第2戦は30日に日産スタジアムで行われる。

 やはりこの男の左足は衰えを知らない。前半18分、ゴール前で倒され自らFKを獲得したMF中村俊輔は、当たり前のように直接ゴールを狙う。鹿島の作り出した壁をいとも簡単に越えていったボールは、ゴール前で急激に落ち、セーブにいったGK曽ヶ端準も届かないゴール左隅に吸い込まれていった。「ちょっと怪我があって合宿中などはFKの練習が出来ていませんでしたが、いい感じで入ってよかったです」。中村も会心のゴールを喜んだ。

 さらに横浜FMは後半34分、DF小林祐三のオーバーラップを待ちパスを出したFWマルキーニョスがゴール前に走り込むと、折り返しのクロスを頭で押し込み、勝利を決定づけた。

 貴重なアウェーゴールを奪い完封勝ちをおさめた横浜FM。樋口靖洋監督も「ゲーム感が心配だったが、アグレッシブに入れた。セットプレーがカギになると思っていた」とゲームプラン通りの勝利に白い歯をこぼした。

 一方の鹿島もチャンスを作れなかったわけではなかった。しかし、前半36分にはMF野沢拓也のシュートの跳ね返りをFWダヴィが狙うが、大きく浮かしてしまう。さらに後半にも22分にFW大迫勇也が決定的なシュートを放つが、GK榎本哲也のセーブに遭うなど決定力を欠いてしまった。


▼関連リンク
ナビスコ杯2013特設ページ

TOP