beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

23人中9人!“新旧広島パワー”で下克上へ一丸

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現所属が4人、前所属が4人、そして下部組織出身が1人。Jリーグ第17節を首位で折り返したサンフレッチェ広島に絡む9選手が、目に見えないあうんの呼吸でザックジャパンに下克上を起こそうとしている。

 07年まで広島でプレーしていたキャプテンのDF駒野友一(磐田)は「チーム内でも今回は“(新旧)広島勢が多い”という話になっていますよ。一緒にやっていた選手が多いから、お互いの特徴も分かっている。広島パワー? そうですね、出せればいいですね。やりやすいと思います」と言った。

 現所属選手の4人は、
GK西川周作=10年から所属(以下同)
DF千葉和彦=12年~
MF青山敏弘=04年~
MF高萩洋次郎=03~05年、07年~

 前所属の4選手は、
DF駒野=00~07年
GK林卓人(仙台)=02~04年
DF槙野智章(浦和)=06~10年
DF森脇良太(浦和)=04~05年、08~12年

 そして、DF森重真人(F東京)は、広島ジュニアユース時代に槙野と同期。23人中9人が広島絡みだ。

 新顔の選手が多いため、合宿初練習となったこの日のメニューはザッケローニ戦術の基本をすり込むことに終始したが、「お互いのことは分かっているので、すぐになじむと思う」(駒野)と言うように、新旧広島勢にとってはやりやすい状況と言える。

 また、今回の東アジア杯はコンフェデレーションズ杯惨敗を経て、新戦力への渇望が増しているタイミングで行われるだけに、生き残りのための判断材料となる個々の特徴を出しやすい環境はだれにとっても大歓迎。コンフェデ杯メンバー落ちから復帰し、キャプテンを務める駒野は「僕らはただこの大会に参加するわけではない。今のメンバーにプレッシャーをかけていかないといけないと思っている。チームとしては優勝を目指してやっていきたいし、個人としてはみんな一人ひとりが結果を求めてやっていくと思う。それがうまくマッチできればいいと思う」と力を込めた。

 ザッケローニ監督も知らない? 以心伝心パワーで下克上を実現するつもりの新旧広島勢に注目だ。

(取材・文 矢内由美子)

▼関連リンク
東アジア杯2013特集

TOP