beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ケディラ代理人、マドリーからの移籍を否定

このエントリーをはてなブックマークに追加

PSGとの接触が報じられるも…

 レアル・マドリーMFサミ・ケディラの代理人は、同選手が移籍する可能性があるとの噂を否定し、同選手は2013-14をマドリーで過ごすと話している。

 MFアシエル・イジャラメンディの加入やMFカセミロのトップチーム昇格で中盤のポジション争いが激化したこともあり、ケディラには移籍の可能性が浮上したと見られ、代理人がパリ・サンジェルマンに対して移籍を打診したとも報じられていた。

 だが代理人のヨルク・ノイバウアー氏はケディラの残留を主張し、ドイツ『ビルト』に対して次のように語った。

「今シーズン、サミはマドリーでプレーする。彼の去就に関する噂を広げることで、誰が楽しんでいるのかは知らないが、サミにとっては迷惑であり傷つくことだ」

 リーガエスパニョーラは今週末に開幕し、マドリーは18日にホームでベティスと対戦する。ケディラはこのままマドリーでポジションを争っていくことになるのだろうか。


▼関連リンク
2013-14シーズン欧州移籍情報
リーガ・エスパニョーラ2013-14特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP