beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ファン・ペルシーとウェルベックが2点ずつを挙げ、マンチェスター・Uが開幕戦勝利! 香川は出場せず

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.17 プレミア・リーグ第1節 スウォンジー1-4マンチェスター・U]

 プレミア・リーグは17日に開幕を迎え、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドはアウェーでスウォンジー・シティと対戦した。昨シーズン、通算20度目のリーグ制覇を成し遂げたマンチェスター・ユナイテッドは、FWロビン・ファン・ペルシーとMFダニー・ウェルベックが、それぞれ2ゴールを挙げて4-1で勝利した。ベンチ入りした香川の出場はなかったが、移籍が噂されるFWウェイン・ルーニーは後半16分からプレーし、チームの2点に絡む活躍を見せた。

 序盤から昨シーズンのリーグ杯王者であるスウォンジーが攻め込むが、ユナイテッドは得点を与えない。迎えた前半34分にMFライアン・ギグスの浮き球のパスを受けたFWロビン・ファン・ペルシーが最終ラインの裏でボールを受け、胸でトラップ。ワンバウンドしたボールを右足のボレーで捉えた。これが決まり、ユナイテッドが1点を先制した。

 先制点を挙げたユナイテッドは一気にたたみかける。わずか2分後、左サイドを攻め上がったDFパトリス・エブラの折り返しをPA内中央でファン・ペルシーがヘッド。右に流れたボールをMFアントニオ・バレンシアがダイレクトで降り消すと、フリーになっていたFWダニー・ウェルベックが押し込み、2点をリードした。

 後半に入るとスウォンジーは、MFパブロ・エルナンデスとFWウィルフリード・ボニーを起用。FWミチュとボニーの2トップに変更し、ユナイテッドに圧力を掛ける。ユナイテッドのデイビッド・モイーズ監督も、後半16分に移籍の噂のあるルーニーをギグスとの交代でピッチに送り出した。

 スウォンジーも決定機をつくるが、なかなか得点に結び付けられない。迎えた後半27分、中盤でボールを持ったルーニーが、ファン・ペルシーにパスを出す。ドリブルでボールを持ち上がったファン・ペルシーの背後からルーニーが、ゴール前に走り込む。この動きでDFを引き付けると、ファン・ペルシーは左にボールを持ち出し、左足を一閃。これがゴールに突き刺さり、ユナイテッドが3-0と試合を決定づけた。

 後半31分にスウォンジーは、MFキ・ソンヨンを投入。同36分には右サイドからのクロスをボニーがヘッドで合わせたが、ボールはわずかに右へ外れて行った。それでも、その1分後の37分、高い位置でボールを奪ったスウォンジーは、パブロ・エルナンデスからのパスを受けたボニーが、右足でダイレクトシュート。これが決まり、1点を返した。

 モイーズ監督は、ファン・ペルシーをベンチに下げて、MFアンデルソンをトップ下に起用した。後半ロスタイムにはルーニーのスルーパスを受けたウェルベックが、ループシュートでゴール。4-1と再びスウォンジーを引き離した。このまま勝利したユナイテッドが、開幕戦で勝ち点3を獲得している。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
プレミアリーグ2013-14特集ページ

TOP