beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]青木、得点ランク首位浮上の3発!流通経済大柏が首位守る!:第15節

このエントリーをはてなブックマークに追加
高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグEAST

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグEASTは6日、第15節2日目の4試合を行った。首位の流通経済大柏高(千葉)は三菱養和SCユース(東京)と対戦。前半18分にU-18日本代表候補MF青木亮太のゴールで先制した流経大柏は後半2分にも青木が加点する。その後も青木がハットトリックを達成する3点目を決めるなど5-1で快勝。連敗を3で止め、首位を守った。青木は今季得点数を13へ伸ばし、得点ランキング首位へ躍り出ている。

 首位と勝ち点3差の2位・コンサドーレ札幌U-18(北海道)は前回王者の東京ヴェルディユース(東京)と対戦。0-0で迎えた後半アディショナルタイムに東京V・MF安西幸輝に先制ゴールを許すとさらに1点を失い、0-2で敗れた。

 3位・清水エスパルスユース(静岡)は桐光学園高(神奈川)と激しく撃ちあった末、5-5で引き分けた。前半、2度のビハインドを追いついた清水は42分にU-17日本代表FW北川航也のゴールで勝ち越し。さらに2点を加えて5-3とするが、桐光学園は後半33分にMF小川航基、41分にもMF今来俊介が決めて勝ち点1を獲得した。

 JFAアカデミー福島(福島)と青森山田高(青森)との一戦は1-1の後半32分にJFAアカデミー福島がFW平岡将豪のゴールで勝ち越し。さらに終盤にも2点を加えたJFAアカデミー福島が4-1で勝った。

 5日には第15節1日目の8位・静岡学園高(静岡)対9位・鹿島アントラーズユース(茨城)戦を行い、鹿島が2-1で逆転勝ちした。残留争いチーム同士の一戦は前半15分、ホームの静岡学園はFW川崎雅哉のゴールで先制。だが鹿島は34分にFW色摩雄貴が同点ゴールを決めると、後半17分にはMF大竹蓮が勝ち越しゴールを決めて残留圏内8位に順位を上げている。

【プレミアリーグEAST第15節】(10月5日)
[静岡市清水蛇塚スポーツグラウンド]
静岡学園高 1-2 鹿島ユース
[静]川崎雅哉(15分)
[鹿]色摩雄貴(34分)、大竹蓮(62分)

(10月6日)
[時之栖スポーツセンター 時之栖グラウンド]
JFAアカデミー福島 4-1 青森山田高
[J]小池龍太(13分)、平岡将豪(77分)、前田拓海(83分)、西川智史(86分)
[青]李相赫(54分)

[三菱養和会 巣鴨スポーツセンターグラウンド]
三菱養和SCユース 1-5 流通経済大柏高
[三]椿健太郎(71分)
[流]青木亮太3(18、47、90分+1)、立花歩夢(63分)、柴田秀樹(86分)

[宮の沢白い恋人サッカー場]
札幌U-18 0-2 東京Vユース
[東]安西幸輝(90分+3)、品田賢祐(90分+5)

[横須賀リーフスタジアム]
桐光学園高 5-5 清水ユース
[桐]中島駿(3分)、小川航基2(21、78分)、今来俊介2(63、86分)
[清]望月大(10分)、北川航也2(35、42分)、柳沢拓弥(49分)、鈴木準弥(72分)

※日程は3月発表、変更あり
▼関連リンク
2013プレミアリーグEAST

TOP