beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権予選]横浜FM内定の北谷擁する興國、延長4発で8強進出!:大阪

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.27 全国高校選手権大阪府予選6回戦 興國4-0摂津 J-GREEN堺]

 第92回全国高校サッカー選手権大阪府予選6回戦(中央T1回戦)が27日、J-GREEN堺で行われ、横浜F・マリノス内定のU-18日本代表DF北谷史孝(3年)擁する興國と摂津が対戦。前後半計80分間を終えてもスコアは動かず延長戦までもつれたが、興國が延長戦で4ゴールを奪い、4-0でベスト8進出を決めた。

 ベスト32の清風戦も1-1でPK戦の末に勝利。2試合連続での辛勝に、試合直後の興國・内野智章監督は「こんなもんですね、選手権は」と喜びではなく、安堵の表情を浮かべた。

「大阪はいつも相手がブロックを作って守ってくる。どことやっても、守られてしまう」と北谷が口にしたように、興國は序盤から中盤とDFラインでブロックを作り、集中力を切らさず守る摂津の守備陣に苦戦。対策として、通常の4-3-3システムから、右SBの上須啓太(2年)を高めに絞ってプレーさせる初めての作戦を試みた。

 狙いはマンマークされる右ウイングのFW金容輔(3年)を外に出させること。内野監督が「3バックにして、上須を中央に走らせることで、相手のDFラインを下げて、金の良さを活かそうとした」と説明したようにDFラインを下げさせる事には成功したが、前線に効果的なロングボールを入れることが出来ずに、逆にボールロスからMF小島誠(3年)、乙部将士(3年)らを起点にボールを運ぶ摂津にチャンスを与えてしまう。

 後半開始からは本来のシステムに戻し、ゲームをコントロール。後方からの丁寧なボール回しで相手を動かし、出来た前線のスペースへ中盤の吉田大河(3年)、塩見仁(3年)がパスを配球。疲れの見え始めた摂津から好機を作り始める。17分には右CKから柴崎良太(3年)が決定的なヘディングシュートを放ったが、枠のわずかに外。25分には自陣でのボールカットから素早く縦に入れ、金がドリブルで抜け出し、シュートを狙ったが、GK村田晟斗(3年)に弾かれ、CKに逃げられる。その後もチャンスを作るも、DF松下遊伍(3年)を中心に集中力を切らさない摂津の堅い守りを崩せず、勝負の行方は延長戦に持ち越された。

 延長に入ってからは「余力がだいぶあったんで、行けるやろとは思っていた」(内野監督)との読み通り、体力と集中力が切れた相手を圧倒し始め、延長前半4分には右サイドを抜けた上須の低いクロスをDF亀井大地(3年)が合わせて、待望の先制点をゲット。この1点で勢いに乗った興國は怒涛のゴールラッシュを開始する。延長後半1分には途中出場のMF武村萌生(1年)のCKを金が頭で合わせてネットを揺らすと、続く2分にも亀井のパスから、FW花田佳惟斗(1年)が決めて、突き放しに成功。6分にMF中村太一(3年)が左のスペースに出したパスを亀井がダイレクトで中に折り返し、最後は金がGK前でコースを変えて、4点目を獲得。薄氷を踏む思いで初の全国舞台に一歩近づいた。

[写真]先制点をアシストした興國の上須。右サイドを切れ込む

(取材・文 森田将義)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2013

TOP