beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

CSKA監督:「本田は大きな助けとなる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ意識に疑いはなし

 CSKAモスクワは10日、ロシア・プレミアリーグ第16節でテレク・グロズヌイと対戦する。レオニド・スルツキ監督は試合を前に、MF本田圭佑のプロ意識への信頼を強調した。

 ミッドウィークのチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティに敗れたものの、前々節のクラスノダル戦で5得点を挙げ、リーグ戦6試合ぶりに白星を取り戻したトルペドでリーグ戦3連勝を目指すCSKA。本田は司令塔として先発出場すると見られている。

 今季わずか1勝で、最下位に勝ち点2差の15位と沈むテレクとの一戦だけに、白星が期待されるところ。だが、テレクが挙げた1勝はCSKA戦でのものだけに、油断は禁物だ。

 12月の契約満了をもってCSKAを退団する本田について、現地メディアからはモチベーションの低下を指摘する声がたびたび上がっている。だが、スルツキ監督は現地メディアに、大きなアピールの場となるチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーがリーグ戦でのパフォーマンスと異なることはあり得るとしつつ、本田のプロフェッショナルな姿勢を疑うことはできないと語った。

「CLでよりモチベーションを感じるのは理解できる。だが、我々が危機的なときは、チーム全体のプレーが良くなかったことは言わなければいけない。だから、特定の選手について話すのはアンフェアだろう」

「私は、本田が素晴らしいプロフェッショナルだと確信している。12月に去るまで、これからの試合で大きな助けとなってくれるはずだとね」


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP