beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権予選]悲願の日本一へ、プリンスリーグ関東1部首位の前橋育英が“群馬クラシコ”制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.10 全国高校選手権群馬県予選準決勝 前橋育英1-0前橋商 群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場]

 第92回全国高校サッカー選手権群馬県予選は10日、群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場で準決勝を行い、“群馬クラシコ”とも言える伝統の一戦、17回目の全国大会出場を狙う前橋育英と11回目の優勝を目指す前橋商が激突。前半5分にエースFW小口大司(3年)が決めた決勝点によって1-0で勝った前橋育英が、桐生一と戦う決勝へ駒を進めた。

 現在プリンスリーグ関東1部で高校総体優勝校の市立船橋やクラブユース選手権日本一の横浜FMユース、柏U-18、F東京U-18、浦和ユースなどを抑えて首位に立っている前橋育英が全国進出へ王手をかけた。U-17W杯日本代表のMF鈴木徳真(2年)やU-17日本代表の左SB田邉真之介(3年)らタレント揃う「タイガー軍団」前橋育英。悲願の日本一を目指す“V候補本命”が立ち上がりから猛プッシュする。

 先制点は前半5分に早くも生まれた。前橋育英はMF佐藤祐太(3年)が左サイドへ展開すると、駆け上がってきた田邉が左足で高速クロス。鋭い弧を描いたボールをファーサイドの小口が得意のヘディングシュートでゴールへ叩き込んでチームにアドバンテージをもたらした。早くも追う展開になった前橋商に対し、前橋育英は左SB田邉の攻撃力を活かして畳み掛ける。7分にはストレートのアーリークロスがDFの頭上を越えてPAの小口の胸へ。さらに11分には豪快なドリブル突破からラストパスを供給した。前橋育英は12分にも鈴木の右足ミドルがゴールを襲うなど強さ十分に示す立ち上がりだった。

 その後もダイレクトのパスワークと遅攻、そして小口の飛び出しなど変化のある攻撃を見せる前橋育英だが、前橋商の守備は非常に堅い。ディフェンスラインの押し上げが早く、相手にボールを持たれても5バックと中盤の4人がスペースを消して前橋育英に縦へのパスを入れさせない。そしてボールを奪うと素早く前線へボールを送って反撃。右サイドのMF堀越隆生(3年)からPAのMF松苗由行(3年)へパスが通ったほか、MF中島僚太(3年)のキープ力やMF澤口和哉(2年)の左足FKなどを活かしてPAまでボールを運んでくる。そして35分にはスルーパスで抜け出したFW鞠子遼介(3年)が対応したDF2人を鋭い切り返しで振り切って決定的な右足シュートを放った。
 
 前橋育英はMF廣瀬慧(3年)の強烈な右足ミドルが鋭くゴールを捉え、タイミング良く仕掛ける田邉がクロスまで持ち込むが決定打にはならない。14分にはリズムを変えるためにU-17W杯日本代表のFW渡邊凌磨(2年)を投入。18分には渡辺のスルーパスから小口が右足を振りぬいたが、わずかにゴール左へ外れて追加点を奪うことができない。山田耕介監督は「前商の方が頑張った。術中にハマった感じですね。(ピッチの横幅)68mに5人のDFが並んだ時でも絶対にスペースがあるはずだから、そこの空いたスペースを見つけ出さないといけない。コンビネーションだったり、スイッチプレーだったり、壁パスだったり、斜めのワンツーだったり、あとは個人のドリブルとか、そういうことをもっともっとやらなければいけない」と苦言を呈した。変化をつけた攻撃を見せてシュートシーンをつくり出していた前橋育英だが、1-0のまま我慢を続ける展開となった。

 前橋商は全国トップクラスの実力派の足元を救う可能性を十分に示す戦いを見せていた。ただ前橋育英の守りも簡単には崩れない。特に「伝統ある試合なので負けられないなと思いました」という鈴木が的確な読みと厳しいチェックで再三危険を消せば、最終ラインのCB樋口慎太郎主将と菅谷政博(ともに3年)のコンビが相手のロングボールを的確に跳ね返していく。前橋商は終盤、4バックへチェンジして攻撃に人数をかけると38分、交代出場のFW石塚亮多(3年)のスルーパスに同じく交代出場の井上昌大(3年)が反応する。抜け出せばGKと1対1というシーンだったが、前橋育英は鈴木が強引に身体を前に入れて阻むビッグプレー。逃げ切った前橋育英が1-0で決勝進出を果たした。

 相手に引いて守られることは想定済み。山田監督も「1-0、もしくは延長戦くらいになると思っていた」と話したように苦しい展開だった。アイディアと精度の部分で課題も残したが、前橋育英は慌てることなく白星をもぎ取った。立ち上がりに大きな先制点を決めた小口は「(ともにスペースをつくり合う)プリンスリーグと戦い方が違う。それが難しいと思っていて、引いた相手を崩せないと県内を勝ち上がっていけない。でも、きょうのようなサイドからのクロスとかをしっかりと決め切れればいい。今まではそういうので(一本の縦パス、クロスで)点を取れることがなかなかなかった。これは今年の強みかなと思っている」と胸を張った。狙うのはもちろん全国の頂点。前線からGK蔦颯(3年)まで十分にその可能性を備えた陣容だが、油断することなく、まずは絶対に群馬のタイトルを獲る。主将の樋口は「部員200人全員で戦って全国へ行きたい」と力を込めた。

[写真]前半5分、先制ヘッドを決めた前橋育英FW小口が歓喜のポーズ

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2013

TOP