beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「コイツには負けたくない」F東京入りの陸と名古屋加入の力、びわこ成蹊スポーツ大の「松田ツインズ」が入団会見

このエントリーをはてなブックマークに追加

 11日、滋賀県大津市のびわこ成蹊スポーツ大でFC東京入りするDF松田陸(4年=立正大淞南高)と名古屋グランパスへ進むFW松田力(4年=立正大淞南高)の「松田ツインズ」の入団会見が行われ、それぞれ「FC東京はスタジアムを青赤に染める熱いサポーターの印象が強い。私もサッカーに対しては熱い気持ちでプレーをしている。満足してもらえるプレーをするので、楽しみにして欲しい」(陸)、「名古屋サポーターの皆様に認められるように頑張りたい。持ち味である高い打点のヘディングで、Jでも得点が取れているのでプロでも自信はある。一年目からガツガツ行きたい」(力)と意気込みを口にした。

 サッカーを始めた時からずっと同じチームでプレーしていた双子がそれぞれの道へ踏み出した。

 同大学の飯田稔学長が「松田保総監督から『大学史上もっとも優れた選手が入ってくる』と聞いていた」と振り返ったように、入学前から能力を高く評価されていた2人は1年生の春から出場機会を掴み、関西学生リーグで活躍してきた。

 その彼らが飛躍するきっかけとなったのはともに3年生の時だった。冬に兄の陸がF東京の練習に参加。F東京は立石敬之強化部長が「練習参加に来てくれた際の彼の人間性と練習に対する姿勢が素晴らしかった。来る度にスタッフ、フロントの全員と打ち解け、すでに入団しているかのような愛され方をしていた」と振り返ったように、1対1の強さや高精度の右足などプレーだけでなく人柄も高く評価し、すぐに獲得を打診したという。そして入団が内定した陸に対し、立石強化部長は「FC東京は大卒が凄く活躍している。特にDFラインは徳永悠平や高橋秀人、長友佑都(現インテル)などチームの軸となった選手が多い。彼らと同じように近い将来の中心選手になり、日本代表にも選ばれて欲しい」と期待した。

 一方、弟の力は同じく3年時に関西学生リーグ1部で25得点を挙げ、得点王を獲得。関西トップレベルのストライカーであることを証明すると、今季は大分トリニータの特別指定選手として、すでにJリーグのピッチにも立っている。名古屋の小椋伸二チーム統括部長は「力選手は(J1で)9試合4得点を挙げています。なぜか、そのうち2得点をグランパスから挙げている(笑)。春先のスカウト会議の時点でリストに挙がっており、獲得に動いていたが、Jリーグの場で能力の高さを見せつけられたのが大きかった」と獲得に至った経緯を説明。そして「即戦力として是非、来年からスタメンを目指してほしい。それが出来る逸材だと思うし、イケメンなので人気も出ると思う」とエールを送った。

 ともに複数のJクラブからオファーを受けたが、陸は「最初にスカウトの浅利悟さんから声をかけて頂いて、特別指定にして貰ったのが大きかった」と7月には入団を決意。一方の力は「めちゃくちゃ悩みました。名古屋に決めたのもつい最近のこと。大分も選択肢にあったけど、J2に落ちたのが大きかった。やるなら高いレベルでやりたかったし、最後は名古屋のようなビッグクラブから声をかけてもらえる事はないと思ったのが決め手になった」と苦しんだ末に答えを絞り出したという。

 サッカーを始めて以来、大阪セントラルFC(大阪)、立正大淞南高(島根)、そしてびわこ成蹊スポーツ大とずっと同じチームでプレーしていたため、力は「寂しさもあるけど、試合に出て陸が自分と違うチームのユニフォームを着ているのは変な気持ちがする」と心境を明かす。ただ、陸が「力には負けたくない。3年の時に力が得点王になって注目を浴びた時も、“誰がアシストしてると思ってんねん!”という思いがあった(笑)。プロでは個人としてもですが、チームとしても負けたくない」とライバル心を口にすれば、力も「出来るなら陸の股を抜いてゴールを決めたい」と返すなど来年からの「別々の」プロ生活に早くも胸を躍らせている。

 憧れの選手について陸は「長友選手。同じFC東京に入れたんで、いつか海外でプレーして超えられる選手になりたい」と語り、力は「本田圭佑選手のようにチームの中心になりたい。コイツが出たら“何とかなるやろ”と思われる選手になりたい」と両チームから巣立った日本代表の主力2人を挙げる。彼らの能力の高さなら、偉大なる先輩に追いつくのも夢ではないはず。周囲の高い期待に応えられるか、来季からの活躍が早くも楽しみだ。

[写真]揃って入団会見を行った松田陸(右)と松田力の松田兄弟

(取材・文 森田将義)

TOP