beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

独代表MFサミ・ケディラが靱帯断裂で今季絶望…15日イタリア戦で負傷

このエントリーをはてなブックマークに追加

 15日に行われたイタリア代表との親善試合で負傷したドイツ代表MFサミ・ケディラ(R・マドリー)の診断結果が発表された。ドイツサッカー協会はケディラの負傷が右ひざ前十字靱帯断裂と診断されたと発表した。

 イタリア戦でケディラはMFアンドレア・ピルロと接触し負傷。後半21分に医療スタッフに肩を担がれながらピッチを後にした。その後、ミラノ市内病院に直行していた。

 今後は手術が必要となるため、全治までは6か月を要すると見られている。W杯出場を目指すことになりそうだが、ドイツ代表に暗雲が垂れ込めた。

TOP