beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ関東1部]浦和ユースとの壮絶ゲームを4-3で制す!柏U-18がプレミアリーグ参入戦進出!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.30 プリンスリーグ関東1部第17節 浦和ユース3-4柏U-18 駒場]

 30日、高円宮杯U-18サッカーリーグ2013プリンスリーグ関東1部第17節1日目の4試合が行われ、2位の柏レイソルU-18(千葉)と9位の浦和レッズユース(埼玉)が対戦。後半アディショナルタイムにMF白井永地(3年)が決めた決勝ゴールによって柏が4-3で撃ち勝った。柏は2位以内を確定させ、高校年代最高峰のリーグ戦であるプレミアリーグの参入戦(12月)進出を決めた。
 
 劇的な決勝点を決めた白井は「きょうは勝ち点3が必要だった。チーム一丸となってできた。しっかりと(参入戦)2試合とも勝って、来年プレミアに上げて最後卒業できればいいと思います」。毎年、全国トップクラスの実力を評価されながらトップリーグと縁がなかった柏が、壮絶な試合を勝ち切ってプレミアリーグ初参戦へ前進した。

 この日二度浦和に追いつかれた柏だったが、立ち上がりから常に先手を取っていた。前半7分に相手GKのミスを突いたFW大島康樹(2年)のゴールによって先制した柏は、14分にもスペースへの飛び出しで左SB麦倉捺木(2年)からの縦パスを引き出したMF中山雄太(2年)が左足シュートを決めて2-0と突き放す。

 ただ普段の試合ではボールを保持して優位に立って攻める柏が、この日は浦和とのポゼッション合戦で主導権を握ることができず。MF勝野瑛(2年)やMF安東輝(2年)がDFラインの後方にまで下がってボールを受けて攻撃をコントロールする浦和は、セカンドボールもバランスよく収めて攻撃を続けていく。ただ9分に左CKからU-17W杯日本代表の左DF茂木力也(2年)が放った決定的なヘディングシュートは柏GK伊藤俊祐(3年)の好反応で枠外へ。浦和は33分にも右サイドでの切り返しでDFを外した細田真也(3年)のクロスからU-18日本代表FW広瀬陸斗(3年)が決定的なヘディングシュートを打ち込んだが、枠を捉えられなかった。 
 
 浦和は0-2の後半開始からU-17W杯日本代表のMF小川紘生(2年)を投入。14分には天皇杯3回戦の山形戦(10月16日)で浦和のクラブ最年少記録を更新する16歳8日で公式戦デビューし、ゴールも決めた逸材FW邦本宜裕(1年)とFW進昂平(3年)を同時にピッチへ送り出して攻撃姿勢を強める。柏は相手の前線からのプレッシャーを外して逆サイドへ展開したときはチャンスになっていたが、浦和は後半、気迫溢れる動きでそれも遮って柏に思うような攻撃をさせなかった。

 後半15分に柏の守護神、伊藤が左足を攣らせて交代したこともあって試合は終盤に急展開で動いていく。29分、浦和は相手のクリアボールを強引にインターセプトした邦本が左サイドから左足シュートを叩き込んで1点差。さらに39分、U-18日本代表MF関根貴大(3年、トップチーム昇格内定)の右クロスをファーサイドの邦本が頭で合わせて同点に追いついた。

 逸材・邦本の2発。投入後、その存在感は明らかに際立っていた。だが、そのインパクトも薄らぐような最終盤の攻防戦が待っていた。同点に追いついた勢いを緩めず、パワープレーで柏ゴールをこじ開けようとする浦和に飲み込まれそうになっていた柏だが44分、大島の楔から左サイドをU-17W杯日本代表MF会津雄生(2年)が抜け出すと、逆サイドへ出されたパスを受けた1年生MF山崎海秀が切り返して左足を振りぬく。下平隆宏監督が「アイツの左足は凄いんですよ。持ち替えた瞬間、入るのかなと思いました」という一撃は必死に戻った浦和DFが渾身のブロック。だが、このこぼれ球を詰めていた大島が押し込んで3-2とした。残り1分で決めた勝ち越しゴール。勝利へ大きく前進する一撃に柏イレブンが喜びを爆発させる。

 だが試合はまだ終わっていなかった。後半アディショナルタイム、浦和は前線へボールを入れて押し込むと、交代出場のFW松澤彰(1年)が抜け出して左足シュート。このこぼれ球を進がゴールへねじ込んで3-3とした。浦和の執念が結実して生まれた後半47分の同点ゴール。会場の誰もの頭にドロー決着がよぎったはずだ。

 だが、試合はここからさらに動く。48分、柏は左中間でボールを受けた大島が右サイドへスプリントしてきた白井へラストパス。強引にDFの前方へ出た白井がGKとの1対1を制して劇的な決勝点を決めた。下平監督が「今年はスプリントのところのフィジカルも力を入れてきました。トップチームのメニュー借りて。トップチームの出て行くパワーって、凄いじゃないですか。ここでやっといきましたね」と微笑む決勝弾。ボールを失った際の守備のバランスまでこだわりながらポゼッションを実践する柏は、90分間プラスアルファでの走力、スプリント力の高さがなかなか見えてこない。だが、自陣からボールをつないで奪った3点目、そして白井がスプリント力を発揮して決めた4点目とトレーニングで養ってきたものを十分に示す終盤の2度の勝ち越し弾だった。

 試合後、浦和は涙を流して悔しがる選手もいたほど。それだけの思いをぶつけてきた相手を振りきっての勝利だ。白井は「(キツイ時間帯にスプリントすることが個人としても)特長なんで、走り切れたことが良かったと思います。最後はチームのために決めることができて良かった」とホッとした表情を見せた。参入戦へ向けては「個人的にはチームの為に走ったり、ポジションを取ったり、最後は自分が得点を取って勝たせられたらいいと思います。来年以降のためにプレミアに昇格できるように頑張ります」と宣言。3年生にとっては、高校生活最後の戦いとなる参入戦を連勝して笑顔で柏U-18での3年間を終える。

[写真]後半アディショナルタイム、柏U-18・白井が劇的な決勝点!

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2013 プリンスリーグ
2013 プリンスリーグ関東1部

TOP