beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎2戦連発ならず…マインツはドルトムントに善戦も敗れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.30 ブンデスリーガ第14節 マインツ1-3ドルトムント]

 ブンデスリーガは30日、第14節2日目を行い、FW岡崎慎司の所属するマインツはホームでドルトムントと対戦し、1-3で敗れた。岡崎は1トップでフル出場したが、2戦連発ならず。チームも3試合ぶりの黒星となった。

 ホームのマインツは前半9分にMFセバスティアン・ポルター、同11分にMFヨハネス・ガイスが強烈なミドルシュート。前半17分には右CKからのこぼれ球を岡崎がオーバーヘッドキックで狙った。これはGKにキャッチされたが、序盤から積極的に仕掛けた。

 優勢に試合を運ぶマインツは前半42分、左CKに合わせたDFシュテファン・ベルのヘディングシュートがクロスバーを直撃。ドルトムントも直後の43分にFWピエール・エメリク・オーバメヤンの左足ミドルがクロスバーを叩いた。

 前半32分にMFスベン・ベンダーがMFヌリ・サヒンと負傷交代したドルトムントは後半開始からMFヘンリク・ムヒタリアン、MFセバスティアン・ケールを投入し、交代カードを使い切る。それでもなかなか試合の流れは変わらず、マインツは後半11分、1本の縦パスに抜け出した岡崎が左足ダイレクトボレー。決定的な場面だったが、シュートは惜しくも浮いてしまった。

 すると後半25分、岡崎のファウルからゴール前でFKを与えると、ドルトムントはオーバメヤンが直接狙う。押し出すように蹴ったボールはブレ球となり、左ポストを弾いてゴールマウスに吸い込まれた。劣勢だったドルトムントがセットプレーから先制。マインツも同29分にMFエリック・マキシム・シュポ・モティングのPKで追いついたが、直後のプレーで試合の勝敗は決した。

 後半33分、ドルトムントはスルーパスに抜け出したオーバメヤンがGKもかわして右足でシュート。マインツMFエルキン・ソトが必死に戻ったが、手でシュートをかき出してしまう。ソトは一発退場となり、PKを献上。これをFWロベルト・レワンドフスキが決めて2-1と勝ち越すと、後半アディショナルタイムにもレワンドフスキがPKでダメを押した。苦しみながらも3-1で勝利したドルトムント。連敗を2で止め、3試合ぶりの白星を飾った。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2013-14特集

TOP