beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

これぞ昇格請負人!徳島小林監督は史上初、3クラブ目のJ1昇格

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.8 J1昇格PO決勝 京都0-2徳島 国立]

 “昇格請負人”が快挙を成し遂げた。小林伸二監督は8日に行われた京都とのJ1昇格プレーオフを制し、徳島ヴォルティスをクラブ史上初のJ1昇格へと導いた。小林監督にとっては02年の大分、08年の山形に続き、史上初の3クラブ目のJ1昇格となった。四国勢としても悲願のJ1昇格となった。

 昨季15位に沈んだ徳島だが今季も序盤は苦しんだ。ちょうど半分の第21節を終えた時点では勝ち点26の15位。J1昇格どころか、プレーオフ進出圏内もかすむ成績だった。しかしチームは徐々に成績を上げると、終盤戦を戦い抜き、4位でフィニッシュ。これには小林監督も「これまでの2回(大分、山形)はある程度序盤からの成績をキープして昇格したチームだった。序盤に苦しんで伸びたのは初めてだった」とチームの成長を驚いた。

 きっかけはあった。夏場にシステムは「3-4-3」から「4-4-2」に変えたことで、失点の多かった守備陣が安定。前線からの守備を徹底させ、前半だけで33失点していたチームが、後半は半数近い18失点まで減った。得点も前半戦より多い30得点を記録。「いい守備が出来たから点が取れるようになった」と小林監督も相乗効果に胸を張った。

 四国勢初のJ1昇格ということで期待は高まる。しかし冷静に見ると、今季も昨季のプレーオフを勝ち上がった大分が“惨敗”で1年でのJ2降格の憂き目にあったように、徳島にも同じような厳しい戦いが待ち受けていることが予想できる。「きょう1日は喜んで、J1で少しでもチャレンジできるように準備していきたい」と語った小林監督。今後の編成についても「これまでは上げるとそのままで1年目を乗り切るということでやってきた。でもそういうわけにもいかないところもありますから、改善点も含めて必要な補強もしなくてはいけないと思っています」と語った。

(取材・文 児玉幸洋)

▼関連リンク
J1昇格プレーオフ

TOP