beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグ参入戦]藤枝東がプリンス関東王者・前橋育英撃破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.14 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 前橋育英高1-1(PK1-4)藤枝東高 Eスタ]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2013プレミアリーグ参入戦1回戦、前橋育英高(関東1、群馬)対藤枝東高(東海2、静岡)戦が14日、エディオンスタジアムで行われた。両者、拮抗した展開を見せた一戦は1-1でPK戦までもつれ込んだ末、4-1で藤枝東が勝利し、2回戦へと駒を進めた。

「分かってはいましたけど、やっぱり関東1位は強かった」。試合後、藤枝東の吉野友三監督からは喜びよりも、ホッとした様子が感じられた。

 MF櫻井敬基が「相手は14番の代表の選手(MF鈴木徳真)もいるし、回されるだろうと思っていたので、まず守備から入ってカウンターから点が獲れればなと思っていた」と振り返ったように、序盤から主導権を握ったのは前橋育英。佐藤祐太、鈴木のダブルボランチを起点に左右へボールを動かし、MF廣瀬慧上田慧亮の両サイドMFがSBの上がりを絡めながらクロスを入れ、ゴール前のFW小口大司が頭で合わす構図が続くも、藤枝東はアンカーの原田守を中心に集中力を保ち、しっかりとブロック。奪ってから素早くボールを繋ぎ、サイドからカウンターを狙う。

 拮抗した展開が続く中、試合が動いたのは37分。相手のカウンターを防いだGK長沢祐弥がキャッチから素早く前方へスローイングを入れ、中盤のMF藤原賢吏へと渡る。
切り替えが遅れた前橋育英DFを冷静に見極め右サイドに展開すると、このパスを受けた櫻井がPA右に浮き球のパス。走りこんだFW田口史也が振り抜いた一発が、ネットを揺らし、藤枝東が先制した。

 1点リードで迎えた後半も「主導権を握る前橋育英、カウンターを狙う藤枝東」という流れは変わらず時計の針が進むが、残り20分を切った頃から強引に1点を奪いに出た前橋育英がパワープレーを開始。27分に佐藤のゴール前への飛び出しを長沢がタイミングよく飛び出し防ぐなど、藤枝東はギリギリの所で失点を回避していたが、41分に右サイドを上がったDF田邉真之介からのパスを、途中出場のDF渡邉良太郎に決められて同点にされてしまう。

 迎えた延長戦でもスコアは動かず、勝負の行方はPK戦へと持ち越されたが、前橋育英
の1人目のキックを藤枝東の長沢が読み通りストップすると、3人目のキックもドンピシャでセーブ。対する藤枝東は4人目まできっちり決めて白星を掴んだ。

 新チーム結成直後の昨年12月に行った関東遠征で並み居る強豪相手に接戦を繰り広げ、「きついけどやれる。綺麗にではなくても、粘り強く勝てる自信みたいなのはあったし、関東のプリンスがレベル高いのも分かるけど、東海も結構、厳しい中戦ってきた自負もあった。選手権予選でも一回戦以降、しっかりゼロで押さえていたので、守備もある程度耐えられるかなとは思っていた」(吉野監督)通り、自慢の守備力を発揮し勝利を掴んだ。

 次戦、勝てばプレミアリーグ昇格が決まる大一番。指揮官は「明後日勝たないと、意味がない。大きな壁を破って、満足していたら足元をすくわれてしまう。しっかり疲労を回復して、次に挑みたい」と喜びに浸ることなく、次戦、東山(関西3、京都)戦に気持ちを切り替えた。

(取材・文 森田将義)
▼関連リンク
2013プレミアリーグ

TOP