beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]出場校紹介:桐生一(群馬)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第92回全国高校サッカー選手権

桐生一
(群馬)
メンバーリスト↓
2年ぶり2回目出場

■監督:
田野豪一
■主将:
松島奨真
■創部:
1970年
■部員数:
66名
■主なOB:
鈴木武蔵(新潟)、黄大城(京都)
■主な戦績:
全国高校選手権8強(11年度)、全国高校総体出場2回

■全国大会の目標:
優勝

<予選大会成績>
[決勝]
1○0前橋育英
[得]乾貴哉
[準決勝]
5○1西邑楽
[得]齋藤雄大2、浦丸治也桐生隼人出村颯太
[準々決勝]
1○1(PK5-4)新島学園
[得]齋藤雄大
[1回戦]
8○0前橋東
[得]浦丸治也2、桐生隼人2、田中大輔齋藤雄大2、出村颯太
[予選チームMVP]
FW齋藤雄大(2年)
県予選4試合5ゴール。準々決勝、延長後半の同点ゴールがなければ今大会の優勝はなかった

<全国トップクラスのライバル撃破、2年前以上の躍進を>
 プリンスリーグ関東1部を制したタレント軍団・前橋育英を1-0で破って2年ぶりとなる全国切符獲得。大きな壁を突破し、実力の高さを示したチームの目標は全国制覇だ。初出場だった2年前は初戦でハットトリックを達成したFW鈴木武蔵(新潟)の活躍などで8強進出。2回目の全国大会で日本一を狙う。U-16日本代表候補歴を持つ181cmCB松島奨真主将(3年)、群馬DF乾大知を兄に持つ187cmの左SB乾貴哉(2年)、184cmのMF木村光希と178cmのMF田中大輔のダブルボランチなど攻守における高さが今年のチームの特長。特に松島を中心としたDF陣は身体を張れる選手が揃い、献身的なプレスを見せる中盤の奮闘もあって前橋育英をノーゴールに封じ込んだ。またチーム全体の技術がしっかりしており、正確な攻撃の組み立てからスピードと決定力を兼ね備えたFW齋藤雄大(2年)やMF浦丸治也(3年)がゴールを陥れる。2年前の躍進をスタンドから熱い思いで見つめていた現3年生たちが全国舞台で憧れの先輩たちの成績を越える。

<チーム紹介>
「2年前選手権に出場した時の鈴木武蔵(現アルビレックス新潟)のような強烈な『個』はないが、主将・松島奨真、副主将・田中大輔を中心に『チーム』としての結束は強い。最大の武器は高さである。DF松島・DF乾貴哉、MF木村光希らは180㎝を超えセットプレーで無類の強さを発揮する。FW齋藤雄大、MF浦丸治也出村颯太らの個性を活かしながら全員で攻撃に参加し、DF松島の強さを中心に全員で守備をする」
<予選突破の要因>
「今年度、群馬県内の大会(新人戦・県総体・インハイ予選)すべて準優勝という悔しさを、この選手権予選にぶつけ優勝を掴み取った事が一番の成長。準々決勝・決勝の2試合は紙一重の厳しい試合であったがものにすることができたのも、66名全員が『チームはひとつ』のスローガンに相応しい集団になれた結果である」
<全国大会へ向けて>
「2年前の成績を上回り、『最後の国立』の舞台で『最後の試合』に勝利する」
松島奨真主将「『チームはひとつ』の合言葉のもと、応援してくださる人達、携わってくださる人達に感謝の気持ちを忘れずに、全国制覇を目指す」

<注目選手>
・DF松島奨真(3年)
強さ高さを武器に攻守において抜群の存在感を発揮する主将。ロングフィードの精度も高く攻撃の起点にもなる。元U-16日本代表候補
・MF木村光希(3年)
技術と高さを兼ね備えた大型ボランチ。夏以降、課題の守備も大きく成長。関東大会優秀選手
・DF乾貴哉(2年)
188㎝の伸長をいかしたヘディングは無類の強さを誇る。前橋育英戦の決勝ゴールを叩き出した。元U-15日本代表候補

<基本フォーメーション>

  齋藤雄 桐生

浦丸       出村
   田中 木村

乾        坂井  
   松島 角田

    依田

<登録メンバー>※メンバーは変更あり
番号 ポジ 氏名 学年 ※備考

1 GK 泉水龍作 (3年)
2 DF 坂井滉祐 (3年)
3 DF 角田駿 (2年)
4 DF 倉持晋也 (3年)
5 DF 乾貴哉 (2年)※11年U-15日本代表候補、国体選抜
6 MF 木村光希 (3年)
7 MF 出村颯太 (2年)※国体選抜
8 MF 田中大輔 (3年)
9 FW 齋藤雄大 (2年)※国体選抜
10 DF 松島奨真 (3年)※12年U-16日本代表候補、国体選抜
11 FW 桐生隼人 (3年)
12 GK 林樹 (3年)
13 DF 若月佑介 (3年)
14 MF 浦丸治也 (3年)
15 FW 板橋快幸 (3年)
16 MF 朝長強 (3年)
17 MF 小峯潤也 (2年)
18 FW 額賀優斗 (2年)
19 MF 藤生優哉 (3年)
20 MF 大塚遼太郎 (2年)
21 DF 井上翔太 (1年)
22 GK 依田龍司 (2年)
23 MF 野村海斗 (2年)
24 DF 橋場洸貴 (3年)
25 DF 竹内達也 (1年)


(協力 桐生一高校サッカー部)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2013

TOP