beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]出場校紹介:那覇西(沖縄)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第92回全国高校サッカー選手権

那覇西
(沖縄)
メンバーリスト↓
2年ぶり13回目出場

■監督:
玉城真哉
■主将:
徳元悠平
■創部:
1986年
■部員数:
101名
■主なOB:

■主な戦績:
全国高校選手権8強(94年度)、全国高校総体準優勝(05年)、全国高校総体出場13回

■全国大会の目標:
優勝

<予選大会成績>
[決勝]
1○0知念
[得]比嘉映幸
[準決勝]
3○0北谷
[得]高良佳利外間悠也仲田一世
[準々決勝]
1○0読谷
[得]高良佳利
[4回戦]
6○1首里
[得]徳元悠平2、安里駿汰2、比嘉映幸、與那嶺有起
[3回戦]
9○0八重山
[得]新城太貴2、徳元悠平山内駿安里駿汰、與那嶺有起、永山剛毅仲田一世大城祐真
[予選チームMVP]
GK與儀孝大(3年)
好セーブでピンチを救った。
DF徳元悠平(3年)
強いリーダーシップでチームを牽引した。

<沖縄の全勝王者、選手権でも目標達成へ>
 「県内不敗神話」「全国制覇」という目標を立てて臨んだ今年は新人戦、総体予選、県1部リーグ、そして選手権予選と県内4冠。目標の「不敗神話」を達成し、県内公式戦39戦全勝という偉業まで成し遂げた。05年の全国高校総体で決勝進出を果たしているチームの目標は日本一だ。チームのスタイルはボールを大事にするポゼッションサッカー。司令塔のMF山内駿(3年)や10番の宮城良壽(3年)を中心にボールを動かし、打開力のあるエースMF新城太貴(3年)らの個人技も加えて相手の守りを切り崩す。ショートパスを軸に攻めるが、空中戦に強い主将の徳元悠平(3年)、12年U-16日本代表候補CB上原勘七(2年)、DF安里駿汰(3年)と最終ラインには長いボールを正確に蹴りこむことのできる選手たちがおり、一発で局面を変えることもできる。今夏の全国総体では自分たちのスタイルを徹底することができずに初戦で敗れたが、選手権では「目標達成」へ自分たちのつなぐサッカーで戦う。

<チーム紹介>
「キャプテンの徳元を中心に全員で攻撃連動した守備が特徴」
<予選突破の要因>
「長丁場の大会の中、主力選手が不調の際にも誰かが日替わりの活躍で勝ち上がった。」
<全国大会へ向けて>
「今まで支えてくださった方々に感謝し、自分たちのやってきたことを表現して1つでも多く勝ち上がる。(主将)」

<注目選手>
・DF徳元悠平(3年)
強いリーダーシップ
・GK與儀孝大(3年)
安定感のある守護神
・MF山内駿(3年)
ゲームの流れを組み立てる

<基本フォーメーション>

    宮城

比嘉  新城   仲田

   山内 永山

外間       安里  
   徳元 上原

    與儀

<登録メンバー>※メンバーは変更あり
番号 ポジ 氏名 学年 ※備考

1 GK 與儀孝大 (3年)
2 DF 安里駿汰 (3年)
3 DF 渡久地政太 (3年)
4 FW 外間悠也 (3年)
5 DF 徳元悠平 (3年)※国体選抜
6 FW 平識善史 (3年)
7 MF 山内駿 (3年)
8 MF 仲田一世 (3年)
9 MF 新城太貴 (3年)※国体選抜
10 DF 宮城良壽 (3年)
11 MF 比嘉映幸 (3年)
12 GK 平安山智 (2年)※国体選抜
13 DF 上原勘七 (2年)※12年U-16日本代表候補、国体選抜
14 MF 富山隆史 (2年)※国体選抜
15 MF 高良佳利 (2年)※国体選抜
16 MF 中川貴友樹 (2年)
17 FW 金城貴大 (3年)
18 DF 大嶺晃一 (3年)
19 DF 城間勇人 (1年)※国体選抜
20 MF 比嘉将 (3年)
21 DF 金城利哉 (3年)
22 FW 大城祐真 (2年)
23 MF 永山剛毅 (2年)※国体選抜
24 FW 棚原光成 (3年)
25 FW 國吉遼 (2年)※国体選抜


(協力 那覇西高校サッカー部)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2013

TOP