beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]帝京三が香川西にPK勝ち、山梨県勢3大会ぶりの初戦突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.31 高校選手権1回戦 香川西1-1(PK1-3)帝京三 ニッパ球]

 第92回全国高校サッカー選手権の1回戦が31日、各地で行われた。ニッパツ三ツ沢球技場の第1試合では8年連続9度目の出場となる香川西(香川)と7年ぶり9度目の出場となった帝京三(山梨)が激突。1-1のまま80分では決着は付かず、大会規定によりPK戦に突入したが、GK安田亘佑(3年)が2本のPKを止める活躍を見せた帝京三が2回戦に駒を進めた。2日に等々力競技場で行われる2回戦では四日市中央工(三重)と対戦する。

 試合が動きを見せたのは後半4分、右サイドからのCKを獲得した香川西はDF秋山和大(1年)のキックに中央に飛び込んだ篠田がドンピシャヘッドで合わせる。しかし帝京三も後半22分、左サイドからのDF中村哲至(3年)のクロスをFW豊川直人(3年)が左足で合わせる。徹底していたサイド攻撃から帝京三が試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま90分では決着が付かず、PK戦に突入。帝京三1人目のMF須江守(3年)が豪快にゴール中央に蹴り込むと、迎えた香川西の一番手、DF片山洋輝(3年)のシュートを安田がストップ。「PK戦は自信があった。読み通り」。止めれば勝利の4人目を安田がストップし、山梨県勢に3大会ぶりの白星をもたらした。

 PK戦について帝京三の相良和弘監督は「全然自信がなかった」と話す。だが今夏、親交のある古沼貞雄元帝京高監督(現矢板中央アドバイザー)にアドバイスを受けたことで選手らに影響があったことを明かし、「入る入らないは別にして強いシュートを打ちなさいという指導を子供たちにしてくれていた」と感謝した。

 次はその古沼アドバイザーを擁する矢板中央高を破って勝ち上がった四日市中央工が相手となる。「後半最初にリスタートでやられてしまいましたが、その後バタつかずにサイドを崩してよく追いついた。あれは自分たちの形なので」と攻撃陣に一定の評価を与えた相良監督。「きょうは國分(郁弥)が当たっていなかった」とあえて個人名を出し、主将の奮起に期待を寄せていた。

 対する先制には成功した香川西だったが、後半18分にFW阪本翔一朗(3年=金沢内定)が強引な突破から決定機を作るも決めきれず。大浦恭敬監督は「PKはじゃんけんのようなもの」と話したが、「ここに来たことで満足感があった」と悔しさを隠せなかった。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
(取材・文 児玉幸洋)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2013

TOP