beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]“PK職人”田子が止めた!!富山一が北信越勢初の決勝進出!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.11 全国高校選手権準決勝 富山一2-2(PK5-3)四日市中央工 国立]

 富山一が北信越勢初の決勝進出!! 第92回全国高校サッカー選手権は11日、国立競技場で準決勝を行い、初の決勝進出を狙う富山一(富山)と2年ぶりの決勝進出を目指す四日市中央工が激突。2-2で突入したPK戦を5-3で制した富山一が13日に開催される決勝(国立)へ駒を進めた。

 富山一が改修前「最後の国立決勝」へまず名乗りを上げた。4-3で迎えたPK戦5人目、先攻の富山一はMF細木勇人(3年)が冷静にゴール中央へ右足シュートを沈める。この瞬間、富山一は富山県勢、そして北信越勢としても初の決勝進出を果たした。

 00年度以来13年ぶりに4強へ駒を進めてきた富山一は4-2-3-1システム。GKは高橋昂佑(2年)で4バックは右から城山典(3年)、藤井徹(3年)、村上寛和(2年)、竹澤昂樹(3年)。中盤は細木と川縁大雅(3年)がダブルボランチに入り、トップ下が主将の大塚翔(3年)。右MFが西村拓真(2年)、左MFが野沢祐弥(3年)、1トップは今大会4得点で得点ランキング首位タイの渡辺仁史朗(3年)が務めた。

 一方、準優勝した11年度以来2年ぶり4強進出の四中工は4-4-2システム。GKは準々決勝のPK戦で3本をストップした高田勝至(2年)で4バックは右から大辻竜也(3年)、後藤凌太(3年)、坂圭祐主将(3年)、中田永一(2年)。中盤は村澤桂輔(3年)と森島司(1年)のダブルボランチで、右MFが服部雄斗(3年)、左MFが加藤慧(2年)、2トップは小林颯(1年)と井手川純(3年)が配置された。

 立ち上がりからボールを握った富山一は、シンプルに四中工の背後へボールを送り込んでくる。これに抜群のスピードで走り込む渡辺が相手DF陣を脅かした。ただ、四中工は守備範囲の広さを発揮する坂が1対1をしっかりと対応するなど、シュートまで持ち込ませない。

 そして前線でアイディアを見せる小林の右足ミドルなどで対抗。だが出足のいい守備で四中工の攻撃を封じる富山一は竹澤のドリブル突破や左クロス、細木がインターセプトから放った右足シュートなど主導権を渡さない。22分にも細木とのワンツーで抜けだした西村がGKと1対1となる。この決定機は西村の右足シュートを四中工GK高田に右足でストップされたが、富山一は直後の左CKからスコアを動かした。左クロスのこぼれ球を藤井が左足ダイレクトでゴールヘ叩き込んで富山一が先制した。

 その後も富山一は力強い動きで背後を突く渡辺がチャンスに絡む。31分には右中間で渡辺がGKに倒されて得たFKから竹澤が左足シュート。ただ、押し込まれていた四中工がスーパーゴールで同点に追いついた。前半終了間際の44分、四中工は左中間で井手川がFKを獲得すると、キッカーの中田が左足を振りぬく。鋭く横へ変化したボールはゴール左サイドネットへズドン。GKも反応できないファインゴールで四中工が同点に追いついた。

 同点ゴールの直後、四中工は前半途中に接触プレーで負傷した後藤に代えてCBに栗田一兵(3年)を投入。その四中工は後半立ち上がり、高い位置でボールを奪う回数を増やすと連続CKなどでゴールヘ迫る。だが富山一は8分、西村からのパスを右オープンスペースで受けた渡辺が切り返し一発でDFをかわして強烈な左足シュート。直後の9分にはコンタクトの強さを発揮した西村が中央から決定的な右足シュートを放つ。

 そして11分だ。富山一は自陣中央で野沢が相手を弾き飛ばすようなインターセプト。ボールを受けた竹澤が独力でペナルティーアークまでボールを運んで左足シュートを放つと、こぼれ球を拾った細木が右足シュートをゴール右隅へねじ込んだ。シュートモーションに入ってからシュートコースを変える技ありのゴールで富山一が2-1と再びリードした。

 後半半ばを過ぎた23分、富山一は負傷を抱える竹澤に代えてDF菅田崚平(3年)を投入する。対して四中工は大辻がドリブルで攻撃参加するなど同点を目指すと28分、自陣からの縦パスで抜け出した井手川がPAまで持ち込み、GKとの1対1から右足シュートをゴール右隅へ流し込んだ。2度の同点劇で盛り上がる四中工は直後に加藤に代えて、MF舘和希(2年)をピッチへ送り出し、富山一も西村に代えてFW高浪奨(3年)を投入した。

 試合終盤はオープンな展開に互いに決定機をつくったが、スコアは動かないまま3分間のアディショナルタイムに突入した。ここで富山一はGK高橋に代えて、チームの“PK職人”GK田子真太郎(3年)を投入。2-2で90分間を終え、決着を委ねられたPK戦でその田子が相手の3人目、中田の左足シュートを左へ跳んでストップする。“PK職人”のビッグセーブでリードを奪った富山一は5人全員が決め、歴史を変えた。

[写真]前半22分、富山一は藤井が先制ゴール

(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2013

TOP