beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モイーズ、CL決勝進出に自信 「ベストチームでなくとも…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

25日にオリンピアコスとの1stレグ

 マンチェスター・ユナイテッドデイビッド・モイーズ監督は、プレミアリーグで低調なシーズンを過ごしている状況の中でも、チャンピオンズリーグ(CL)での上位進出に自信を見せている。

 国内ではタイトル争いからほぼ脱落しているユナイテッドだが、CLではベスト16に進出。25日に行われる決勝トーナメント1回戦ファーストレグでオリンピアコスと対戦する。

 モイーズ監督は下馬評を覆して欧州制覇を果たしたリバプールの例を挙げ、ユナイテッドが勝ち残ることも決して不可能ではないと主張する。イギリス『ミラー』が同監督のコメントを伝えた。

「いつもベストチームが欧州の決勝に進むわけではない。2005年のリバプールが我々に希望を持たせてくれる。カップ戦ではどんな大会でも常にチャンスがあるものだ」

「厳しい大会になることは始まる前から分かっていた。バイエルンも、バルセロナも、レアル・マドリーも、パリSGも、すべてトップクラブばかりだ」

 FAカップの早期敗退により試合間隔が空いたユナイテッドは、ドバイでのトレーニングキャンプを行っていた。選手たちとの関係を深めるのに良い機会になったとモイーズ監督は語る。

「我々にとっては一致団結できるチャンスとなった。たくさんの練習を必要としていたわけではないが、おそらく私にとっては、これが選手たちと一緒に過ごすことができた本当の意味での最初の機会だった」

「毎日練習ができた。天気も良かったし、ゴルフもやったよ。私にとっては選手たちと一緒にある程度の時間を過ごすチャンスになった」


▼関連リンク
プレミアリーグ2013-14特集
欧州CL13-14特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP