beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

藤本、伊藤の得点で大宮下した横浜FMが白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.2 J1第1節 横浜FM2-0大宮 日産]

 J1第1節が行われ、日産スタジアムでは横浜F・マリノス大宮アルディージャをホームに迎えた。試合はMF藤本淳吾、FW伊藤翔がゴールを奪った横浜FMが2-0の勝利を収めた。ゼロックススーパーカップ、ACLで2試合連続完封負けを喫していた横浜FMにとって、公式戦3試合目にして今季初白星となった。

 横浜FMはゼロックス杯の広島戦、ACL全北現代(韓国)戦と同様に4-2-3-1のシステムを採用。GKに榎本哲也、4バックは右から小林祐三、栗原勇蔵、中澤佑二、下平匠。ドイス・ボランチには中町公祐と富澤清太郎、2列目には右から藤本淳吾、中村俊輔、齋藤学、1トップには伊藤翔が起用された。

 対する大宮は4-4-2。GKは清水慶記で、4バックは右から今井智基、菊地光将、高橋祥平、村上和弘。ドイス・ボランチは片岡洋介と金澤慎、サイドハーフは右に渡邉大剛、左にチョ・ヨンチョル、2トップには家長昭博とラドンチッチが並んだ。

 静かな立ち上がりとなった試合で最初にチャンスを作ったのはホームの横浜FMだった。前半9分、左サイドでボールを受けたMF齋藤学が縦に突破してクロスを上げると、こぼれ球を拾ったMF中村俊輔がファウルを誘い、ほぼゴール正面FKのチャンスを得た。しかし、中村が直接狙ったボールは惜しくも壁に当たり、先制点を奪うには至らなかった。

 その後もセカンドボール争いで優位に立つ横浜FMが試合の主導権を握ると、前半17分にスコアを動かす。右サイドから展開されたボールは左サイドに張る齋藤の下へ。ドリブルを開始した齋藤は相手DFを数人引きつけてPA内に侵入。突破こそ大宮守備陣にストップされたものの、こぼれ球を藤本が左足で落ち着いてゴールに流し込み、今季チーム初得点となる貴重な先制点を奪った。

 対する大宮は支配率で上回る横浜FMの後手に回り、なかなか敵陣深くまで攻め込めない。前半23分にはMF渡邉大剛のスルーパスから抜け出したMF家長昭博がシュートを狙うも、ボールは枠外に。さらに同36分には渡邉がミドルレンジから思い切り良く狙うも、こちらもゴールマウスを捉えることができず。前半ロスタイムにはオーバーラップしたDF今井智基のシュートがポストを叩く不運もあり、横浜FMが1点をリードしたまま前半終了を迎えた。

 後半に入っても流れは大きく変わらず、横浜FMが大宮ゴールに迫る。開始直後の後半1分に齋藤がミドルシュートを放ち、同3分には藤本がこちらもミドルレンジからシュートを狙った。ともに枠を捉えなかったが、ゴールを脅かす場面が続く。なかなかリズムを作れない大宮は、同7分にFWラドンチッチに代えてFWズラタンを投入して、流れを変えようと試みる。

 サイドバックの今井とDF村上和弘も果敢に攻撃参加して、サイドから好機を生み出そうとする大宮。しかし、DF中澤佑二、DF栗原勇蔵を中心とする横浜FM守備陣にゴール中央で跳ね返されてしまい、シュートまで持ち込めない。後半20分には左サイドからボールを持ち込んだ家長がPA外からミドルシュートを放つも、シュートはGK榎本哲也にキャッチされ、その後もミドルシュートを放つ場面はありながらも、PA内への侵入を防がれて決定機を創出できない時間帯が続いた。後半28分にはMF泉澤仁、FW長谷川悠を立て続けに投入し、システムを4-1-3-2に変更するなど何とか1点を返そうとする。
 
 しかし、再びスコアを動かしたのは横浜FMだった。試合終了間際の後半42分に伊藤が左足で豪快なミドルシュートを突き刺して、大宮を突き放す。守備陣も90分間、大宮にチャンスらしいチャンスを作らせずに完封勝利。悲願のリーグ制覇に向けて白星スタートを切った。

(取材・文 折戸岳彦)

▼関連リンク
J1第1節 LIVE速報

TOP