beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長友は怪我? 今季2度目のベンチ外…インテルは2連勝で6戦不敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.15 セリエA第28節 ベローナ0-2インテル]

 セリエAは15日、第28節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でベローナと対戦し、2-0で勝利した。インテルは2連勝。敗けなしは6戦に伸びた。

 招集メンバーには入っていた長友だが、発表されたメンバーには名前がなく、リーグ戦では怪我で欠場した12月1日のサンプドリア戦以来、今季2度目のベンチ外となった。現地報道によると、当日の練習で軽い筋肉系のトラブルに見舞われた模様。大事をとっての欠場となったようだ。代わって左MFではダニーロ・ダンブロージオが起用された。

 試合は序盤からインテルペースで進んだ。先制点は前半14分、右サイドで仕掛けたMFジョナタンが1人をかわして鋭いクロスを入れると、中央でFWロドリゴ・パラシオが合わせる。契約延長が発表されたばかりのパラシオは、2試合連続ゴールでインテル移籍初年度の昨季を上回る今季13ゴール目となった。

 後半10分の左サイドからのFKを強烈キックで狙ったエルナネスのシュートがクロスバーを叩くなど、なかなか追加点を奪えずにいたインテルだが、後半18分、エリア内右サイドでエルナネスからのリターンパスをフリーで受けたジョナタンが、シュート。一度目のシュートはGKに防がれるが、跳ね返りを押し込み、大きな2点目を奪った。

 守備の面でもほぼベローナにチャンスを与えなかった。後半アディショナルタイムに突入してすぐのピンチもGKサミール・ハンダノビッチが連続好セーブで弾き出すなど、最後まで得点を与えず。インテルはこれで3試合連続のクリーンシートゲームとなった。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2013-14特集

TOP