beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リーグ戦先発を狙うF東京MF河野「もう誰がスタメンかわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.18 ナビスコ杯第1節 F東京3-1鹿島 味スタ]

 FC東京に加入して過去2シーズン、MF河野広貴はケガもあって活躍できなかった。そんな苦しい時期を過ごしてきた23歳が、トップ下の位置に入り、大車輪の活躍を見せた。まずは前半8分、MF米本拓司からのクロスに対し、胸トラップでボールをコントロールし、DFとGKに挟まれながら、右足アウトサイドで先制点を決めた。さらに、その2分後にはFW渡邉千真とのワンツーから、左サイドを突破。PA内に走り込んできたDF太田宏介にパスを送って、2点目をお膳立てした。

「ヨネ(米本拓司)が良いボールを送ってくれたので、決めるだけでした。相手DFと並んでも、あの短い距離なら自分の方が速いと思っていたので、オフサイドにならないことだけ気を付けていました。早い時間帯にゴールが決まって、良かったです」と、河野は先制点を振り返り、白い歯をこぼす。そして、アシストについては「かなり(パスが)ズレていたけど、(太田)宏介がうまく合わせてくれたので良かったです」と、喜んだ。

 守備面でも精力的にプレスを掛けて、後方の選手にかかる負担を軽減した。MF羽生直剛も「前の3人がよくコースを切ってくれたから、全体的に守りやすかったと思う」と、その奮闘を認める。「僕は『ボランチを潰しに行け』と言われていました。サイドチェンジをされないように。ボランチの選手が裏に走られたら、僕が付いていくことになっていましたし、守備の人からも『離していいよ』という声がなかったので、僕が付いていく形を取りました」と、河野自身も守備面に意識を注いでいたことを明かしている。

 昨シーズンまではランコ・ポポヴィッチ監督の下、思うように出場機会を得られなかった。今季も、ここまでリーグ戦3試合で、2試合に途中出場。与えられた時間は、計11分だった。それだけに、今季初先発となったこの鹿島戦に賭ける思いは強かった。

「使ってもらったら点を取るという意識でやっていました。あのメンバーで練習試合もやっていたから、みんな『公式戦に出たい』という気持ちが強かった。今日は良いアピールができたし、これまで出ていた選手にも刺激になったと思う。次の試合は、もう誰がスタメンになるかわからないしね。そうやってチームが強くなればと思います。あの監督は、調子の良い選手を使ってくれるから、(リーグ戦の先発メンバーが)入れ替わるかもしれないし、面白いですよ。やっていて」

 だが、同時にまだまだアピールしないといけないことも自覚する。「交代が早かったですね。もうちょっと出ていたかったです。でも、(監督に)もう動けないと思われたんじゃないですか? 自分としては、もう少し出たかったんですけどね。久しぶりに(先発で)試合に出た」と、後半9分にベンチへ下がった悔しさも口にした。

『ホーム』味の素スタジアムでのゴールは、東京Vに在籍していた2011シーズンのJ2最終節・対湘南戦(2-2)以来、実に837日ぶり。試合後、ゴール裏のサポーターの前でガッツポーズを見せた河野は、「ようやく『シャー!!』ができて良かった」と、大きな一歩に安堵した。


▼関連リンク
ナビスコ杯2014特設ページ

TOP