beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本職で結果を出したF東京MF東「トップ下は、すごくやりやすかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.26 J1第9節 横浜FM0-1F東京 日産ス]

 FC東京のMF東慶悟にとって、待望の一戦だった。今シーズン就任したマッシモ・フィッカデンティ監督の下、東は3ボランチの一角で使われていた。本来のポジションであるトップ下でのプレーは、今季初めてだったのだ。前半5分、左サイドに流れてFW平山相太にクロスを送り決定機をお膳立てすると、その2分後には平山のシュートをGK榎本哲也が弾いたところに詰めて、先制点を記録した。

「(平山)相太さんがシュートを打つと思ったので。こぼれるだろうと信じて走り込んだら、こぼれて来たので良かったです」と笑顔の東は「今まではインサイドハーフでプレーしていて、今日初めて自分が一番やりやすいと思うトップ下で出させてもらったので。なんとかチームのためにプレーしようと思っていたし、結果を残したかったので。ゴールを決められて良かったし、チームが勝てて本当にうれしかったです」と、1-0の勝利を喜んだ。

 今季のF東京は、できるだけ前の選手たちでボールを取りきり、少ない人数で攻め切るスタイルに変貌した。この日の得点シーンが象徴的だが、F東京のほとんどのチャンスは、前線でのボール奪取から始まっている。

 昨年よりも、守備面での戦術トレーニングが増えていると話す東は、「一歩二歩だったりのこだわりが監督にはあるし、そういうところを練習から突き詰めているので。それが試合にも出ています。監督は相手がどうやってビルドアップをしてくるかを、すごく僕たちに教えてくれるし、守備だけでなく、自分たちの攻撃も上手くいっていると思います。前からみんながしっかりボールを追ってくれて、なおかつボールを取って早くゴールに行くっていうことができていると思うので。それはすごくいいと思うし、これからもっともっと結果につなげていきたいと思います」と、自信を膨らませていた。

 今後も、対戦相手によって東が起用されるポジションは変わるだろう。この試合もトップ下でプレーしたのは前半だけで、相手が布陣を変えた後半はサイドにポジションを移していた。「トップ下はすごくやりやすかったし、ボールも受けやすかったです」と率直に話す東だが、「でも、トップ下にそこまでこだわる必要はないと思うし、与えられたポジションで力を出せる選手が良い選手だと思っているので、今シーズンはそれをやり続けられたらと思っています」と、ポジションよりも、常にチームに必要とされる選手になることが重要だと話した。

(取材・文 河合拓)

TOP