beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

絶妙アシストの横浜FM藤本「勝ったことが自信になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.3 J1第11節 横浜FM2-0G大阪 日産]

 左足から繰り出されたボールはピンポイントでDF中澤佑二へと届いた。横浜F・マリノスが1-0と1点をリードして迎えた後半16分、CKのチャンスを得るとコーナーフラッグに向かったのはMF藤本淳吾だった。「体に力が入らなかった」と語るMF中村俊輔はすでにピッチを去っており、大事な場面でのキッカーを任された。

 しかし、プレースキックが武器であることは藤本も変わらない。「高さはウチの方があるので、速いボールじゃなくても勝ってくれると思っていた。GKと相手DFに触られないように上げた」と振り返ったボールは、鮮やかな軌道を描いて中澤の下へと向かう。そのボールを中澤が豪快にヘディングで突き刺し、貴重な追加点が生まれた。

 横浜FM、何より攻撃陣にとって、5試合連続ノーゴールという結果は屈辱的だっただろう。藤本も「どうすれば点を取れるのかということしか考えられなかった。守備陣があれだけ頑張っているのに、攻撃的な選手としては申し訳ない気持ちでいっぱいだった」と振り返っている。しかし、この日は4-2-3-1から4-4-2にシステムを変更し、後半7分に生まれた6試合ぶりの得点となる先制点はFW伊藤翔、FW藤田祥史の2トップの連係から生まれた。

「2トップの2人で先制点を取れたのは良かったし、これまではセットプレーから失点することも多かったので、今日は逆にセットプレーから追加点を取れたのはチームとしても大きかったと思う」と語った。だが一方で、「ただ、システムを変更しても攻撃面での課題はまだまだある」と手放しで喜べる内容ではなかったとも話している。

 しかし、8試合ぶりにつかんだ白星はチームにとっても大きいようだ。「内容に課題はあるけど、システムを変えた試合で結果を出せたのはポジティブに捉えていいと思うし、今日は勝てたことが何よりも大事。勝ったことが少しずつ自信になっていくし、中断まであと2試合しかないけど、その2試合を『必ず勝つ』という気持ちに持っていきやすくなった」。今までのうっぷんを晴らし、W杯中断期間までの残り2試合での2連勝を目指す。

(取材・文 折戸岳彦)

▼関連リンク
[J1]第11節 スコア速報

TOP