beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

攻守が噛み合ってきた磐田、4戦連続完封4連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.6 J2第12節 愛媛0-1磐田 ニンスタ]

 ジュビロ磐田が敵地で愛媛FCを1-0で下した。磐田は4連勝。4連続完封と攻守が噛み合ってきた。愛媛は3連敗となった。

 この日唯一の得点が生まれたのは前半42分、MF小林祐希の右クロスをFW阿部吉朗が頭で折り返す。これをMF山田大記が右足で豪快に蹴り込むと、クロスバーを叩いたボールはそのままゴールに中に収まった。「吉朗さんが折り返してくれるかなと思った。その通りのボールが来た」。山田は今季2ゴール目。これには「もっと決めるように頑張ります」と苦笑いで量産を誓った。

 守っても磐田はこれで4戦連続の完封となった。後半、愛媛MF堀米勇輝にループシュートを放たれるが、GK八田直樹が手に当てると、クロスバーに救われる。運も味方につけ、磐田がゴールデンウイーク敗けなしの4連勝を飾った。

▼関連リンク
[J2]第12節 スコア速報

TOP