beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

W杯出場国ガイド:ギリシャ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギリシャ
(2大会連続3回目の出場)

■試合日程日本時間
6/15(日) ●0-3 コロンビア [ベロオリゾンテ]
[コ]パブロ・アルメロ(6分)、テオフィロ・グティエレス(58分)、ハメス・ロドリゲス(90分+3)
試合スタッツ
コロンビアが快勝スタート
結果を残したグティエレス
監督「最初の試合に勝っただけ」
ロドリゲス「とてもハッピー」

6/20(金) △0-0 日本 [ナタル]
試合スタッツ
日本は数的優位で後半へ
10人のギリシャとスコアレスドロー

6/25(水) ○2-1 コートジボワール [フォルタレザ]
[ギ]アンドレアス・サマリス(42分)、ゲオルギオス・サマラス(90分+3)
[コ]ウィルフリード・ボニー(74分)

試合スタッツ
ギリシャが大逆転突破
コートジ、悪夢のPK献上

6/30(月) ★1-1(PK5-3)コスタリカ [レシフェ]
[コ]ブライアン・ルイス(52分)
[ギ]ソクラティス・パパスタソプロス(90分+1)

試合スタッツ
止まないコスタリカ旋風
ギリシャ、数的優位生かせず

■大会前の親善試合現地時間
5/31(土) △0-0 ポルトガル [リスボン]

6/3(火) △0-0 ナイジェリア [チェスター]

6/6(金) ○2-1 ボリビア [ハリソン]
[ギ]パナギオティス・コネ(21分)、コンスタンティノス・カツラニス(54分)
[ボ]ルディ・カルドソ(70分)


メンバーリスト↓

■監督
フェルナンド・サントス
(ポルトガル)1954.10.10

■チーム紹介
 手堅い守備は健在だ。DFソクラティス・パパスタソプロス(ドルトムント)とDFディミトリス・シオバス(オリンピアコス)のCBコンビは鉄壁で、欧州予選を4失点で乗り切った。しかし、守備の安定が光る一方、欧州予選10試合中5試合が1-0の勝利だったように爆発的な攻撃力を備えているわけではない。中盤の選手に質の高い組み立ては期待できず、主に速攻からゴールに迫ることとなる。しかし、フィニッシャーのFWコスタス・ミトログル(フルハム)は高い決定力を誇り、日本にとっては脅威となるだろう。そして、大きな武器となるのがチームの団結力だ。同国で長く指揮を執るフェルナンド・サントス監督はギリシャ人のメンタリティーを理解しており、選手からも慕われている。選手一人ひとりが献身的に働き、規律正しいプレーを心掛けることができれば大崩れすることはない。

『2014 SAMURAI BLUE サッカー日本代表オフィシャルガイドブック』(講談社)より

■予選成績
欧州予選 G組2位
8勝1分1敗/12得点4失点
PO第1戦:○3-1ルーマニア(H)
PO第2戦:△1-1ルーマニア(A)

■チームデータ
W杯過去最高成績:グループリーグ敗退
FIFAランク:12位(14年6月発表時点)

■過去のW杯成績
1994年:グループリーグ敗退
2010年:グループリーグ敗退

■メンバーリスト
▽GK
1 オレスティス・カルネジス(グラナダ)
12 パナギオティス・グリコス(PAOKテッサロニキ)
13 ステファノス・カピノ(パナシナイコス)

▽DF
2 ヤニス・マニアティス(オリンピアコス)
3 ギョルゴス・ツァベラス(PAOKテッサロニキ)
4 コスタス・マノラス(オリンピアコス)
5 バンゲリス・モラス(ベローナ)
11 ルーカス・ビントラ(レバンテ)
15 バシレイオス・トロシディス(ローマ)
19 ソクラティス・パパスタソプロス(ドルトムント)
20 ホセ・ホレバス(オリンピアコス)

▽MF
6 アレクサンドロス・ツィオリス(カイセリスポル)
8 パナギオティス・コネ(ボローニャ)
10 ゲオルギオス・カラグニス(フルハム)
16 ラザロス・フリストドゥロプーロス(ボローニャ)
18 ヨアンニス・フェトファツィディス(ジェノア)
21 コンスタンティノス・カツラニス(PAOKテッサロニキ)
22 アンドレアス・サマリス(オリンピアコス)
23 パナギオティス・タフツィディス(トリノ)

▽FW
7 ゲオルギオス・サマラス(セルティック)
9 コスタス・ミトログル(フルハム)
14 ディミトリス・サルピンギディス(PAOKテッサロニキ)
17 テオファニス・ゲカス(コンヤスポル)


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ



TOP