beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

W杯出場国ガイド:イラン

このエントリーをはてなブックマークに追加

イラン
(2大会ぶり4回目の出場)

■試合日程日本時間
6/17(火) △0-0 ナイジェリア [クリチバ]
試合スタッツ
今大会初のドロー

6/22(日) ●0-1 アルゼンチン [ベロオリゾンテ]
[ア]リオネル・メッシ(90分+1)
試合スタッツ
メッシがAT劇的決勝弾
イランの奮闘に場内大興奮

6/26(木) ●1-3 ボスニア・ヘルツェゴビナ [サルバドル]
[ボ]エディン・ジェコ(23分)、ミラレム・ピャニッチ(59分)、アブディア・ブルシャイェビッチ(83分)
[イ]レザ・グーチャンネジャード(82分)

試合スタッツ
ボスニアがW杯初勝利
アジア枠削減の恐れ

■大会前の親善試合現地時間
5/18(日) △0-0 ベラルーシ [カプフェンベルグ]

5/26(月) △0-0 モンテネグロ [ハルトベルク]

5/30(金) △1-1 アンゴラ [ハルトベルク]
[イ]カリム・アンサリファルド(56分)
[ア]ドミンゴ・シルバ(42分)


6/8(日) ○2-0 トリニダード・トバゴ [サンパウロ]
[イ]エハサン・ハジサフィ(45分)、レザ・グーチャンネジャード(54分)

メンバーリスト↓

■監督
カルロス・ケイロス
(ポルトガル)1953.3.1

■チーム紹介
 堅実な試合運びでアジア予選を勝ち上がった。最終予選8試合で8ゴールという得点力ながら、本大会行きの切符を手に入れられたのは、わずか2失点に抑えたアジア屈指の堅守があったからこそだ。2011年より指揮を執るカルロス・ケイロス監督は組織立った守備をチームに植え付け、2大会ぶりの本大会へ導いた。攻守の要となるのが予選最多6得点を挙げた主将のMFジャバド・ネクナム(アル・クウェート)。ダブルボランチを組むMFアンドラニク・ティムリアン(エステグラル)とともに、ゴール前の防波堤となって相手の侵入を防ぐだけでなく、機を心得た攻撃参加でゴールも陥れる。格上との試合が続く本大会では、自慢の堅守でまずは失点を防ぎ、電光石火のカウンターから最終予選ラスト3試合で3試合連続ゴールを挙げたFWレザ・グーチャンネジャード(チャールトン)の得点力を生かしたい。

■予選成績
アジア予選 A組1位
5勝1分2敗/8得点2失点

■チームデータ
W杯過去最高成績:グループリーグ敗退
FIFAランク:43位(14年6月発表時点)

■過去のW杯成績
1978年:グループリーグ敗退
1998年:グループリーグ敗退
2006年:グループリーグ敗退

■メンバーリスト
▽GK
1 ラハマン・アハマディ(セパハン)
12 アリレザ・ハギギ(スポルティング・コビリャン)
22 ダニエル・ダバリ(ブラウンシュバイク)

▽DF
4 ジャラル・ホセイニ(ペルセポリス)
5 アミル・ホセイン・サデギ(エステグラル)
13 ホセイン・マヒニ(ペルセポリス)
15 ペジマン・モンタゼリ(ウム・サラル)
17 アハメド・アレネメー(ナフト・テヘラン)
19 ハシェム・ベイクザデー(エステグラル)
20 スティーブン・ベイタシュール(バンクーバー・ホワイトキャップス)
23 メヘルダド・プーラディ(ペルセポリス)

▽MF
3 エハサン・ハジサフィ(セパハン)
6 ジャバド・ネクナム(アル・クウェート)
8 レザ・ハギギ(ペルセポリス)
11 ガセム・ハダディファル(ゾブ・アハン)
14 アンドラニク・ティムリアン(エステグラル)
18 バフティアル・ラハマニ(フーラド)

▽FW
2 ホスロ・ヘイダリ(エステグラル)
7 マスード・ショジャエイ(ラス・パルマス)
9 アリレザ・ジャハンバフシュ(NEC)
10 カリム・アンサリファルド(トラークトゥール・サーズィー)
16 レザ・グーチャンネジャード(チャールトン)
21 アシュカン・デヤガー(フルハム)


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ



TOP