beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[AFCフットサル選手権2014]本日決勝! 連覇を目指す日本代表FP中村「カウンターで得点できれば」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 AFCフットサル選手権2014は10日に決勝を迎え、日本代表は初の連覇を賭けて、過去最多優勝を誇るイラン代表と戦う。代表デビュー戦となった韓国戦でハットトリックを達成したFP中村友亮について、ミゲル・ロドリゴ監督は決勝での起用を示唆した。イラン対ウズベキスタン戦の前半を視察した中村は「カウンターは、自分も得意としていますし、そういう面で、カウンターで得点できれば」と、イメージを膨らませていた。決勝は10日の日本時間21時にキックオフを迎え、NHK-BS1で生中継される。

 以下、イラン戦前日練習後のFP中村選手インタビュー
●FP中村友亮(浜松)
―監督から何か聞かされていますか?
「いや、何も聞かされていません」

―イラン戦での起用をほのめかしていました。
「あ、そうなんですか?」

―イラン対ウズベキスタンの試合を見て、どんな印象を持ちました?
「全部の面で、他のチームとはスピード感が違うかなと思いました。僕、初めて見たんですけど、やっぱり違うなっていうのは感じました」

―押し込まれる展開も予想されます。
「そうですね。見た感じだと、個々の能力もすごく高いですし、押し込まれる時間帯は前のゲームより増えてくるかなと思います。その中でカウンターは、自分も得意としていますし、そういう面で、カウンターで得点できればいいかなと思います」

―ベンチ外になった試合も続きましたが、そこで気づいたことはありますか?
「やっぱり点は取れていますが、チャンスでセグンドにいないっていう場面が外から見ていて何回かあったので。自分が出たら、あそこに詰めるっていう、そこで勝負で来て点が取れれば一番いいかなと思って見ていました」

―イラン戦に向けて、細かい約束事の確認をしていました。
「大体のイメージはスペイン遠征から頭に入れているので、そんなに変わったこともないですし、大丈夫です。頑張ります」
(取材・文 河合拓)

TOP