beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FW大迫がドイツ2部優勝のケルンと3年契約へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツ『ビルト』紙によると、日本代表FW大迫勇也は間もなくケルンと3年契約を交わすことになるようだ。

 2013-14シーズンにドイツ2部リーグを優勝し、来季の1部リーグ昇格を決めたケルンは、ドイツ2部の1860ミュンヘンで活躍した大迫に着目。15試合に出場し、6ゴール2アシストという結果を残した日本人ストライカーの獲得に、早い段階から興味を示していた。

 現地報道によると、クラブ間の違約金は150万ユーロ(約2億1千万)で、ケルンは3年契約で大迫を迎えるという。現時点では正式発表がないものの、『ビルト』はTwitterでケルン加入が決まったと伝えており、近日中にもクラブから発表がある見込みだ。

 なお、移籍金の一部は前所属となる鹿島アントラーズにも支払われるようだ。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2013-14特集

TOP