beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-18]前回王者・横浜FMユース、浦和ユース、東京Vユース、F東京U-18などが全国切符獲得!:関東

このエントリーをはてなブックマークに追加
 5月24日から6月15日まで adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権U-18関東2次予選が開催され、全国大会に進出する11チーム中8チームが決まった。4グループに分かれて行われた2次予選で各グループ2位以内に入った横浜F・マリノスユース三菱養和SCユース浦和レッズユースヴァンフォーレ甲府U-18東京ヴェルディユース川崎フロンターレU-18FC東京U-18ジェフユナイテッド千葉U-18の8チームの全国大会出場が決定。21日と22日に行われる順位決定戦の9~12位決定戦で横浜FCユース柏レイソルU-18大宮アルディージャユース鹿島アントラーズユースの4チームが残り3枚の全国チケットを争う。

 Aグループでは昨年の全国王者・横浜FMユースが5戦全勝で首位通過。プレミアリーグEASTに所属する三菱養和SCユースも4勝1敗で2位通過を決めている。そして3勝2敗の横浜FCユースが3位となっている。

 Bグループでは4勝1分の浦和ユースと3勝1分1敗の甲府U-18がそれぞれ1位、2位で全国大会出場決定。プレミアリーグEASTに在籍する柏U-18は2勝1分2分の3位に終わり、順位決定戦で全国切符を狙うことになった。

 Cグループは東京Vユースが5連勝で全国進出。また大宮ユース戦を2-1で制した川崎F U-18が4勝1敗で2位に食い込み、大宮ユースは3位となった。

 DグループはF東京U-18が5連勝で1位。プレミアリーグEASTの鹿島ユースを3-2で破った千葉U-18が4勝1敗で2位に入り、鹿島は3位に沈んだ。

【関東】
[2次予選Aグループ]
1.横浜FM(15)+14
2.三菱養和SC(12)+19
3.横浜FC(9)+4
4.水戸(3)-8
5.Y.S.C.C.(3)-13
6.群馬(3)-16

[2次予選Bグループ]
1.浦和(13)+16
2.甲府(10)+8
3.柏(7)+8
4.横河武蔵野FC(7)+5
5.エスペランサSC(6)+2
6.FC Gois(0)-39

[2次予選Cグループ]
1.東京V(15)+10
2.川崎F(12)+14
3.大宮(9)+7
4.湘南(6)-3
5.栃木(3)+2
6.杉並FC(0)-30

[2次予選Dグループ]
1.F東京(15)+33
2.千葉(12)+8
3.鹿島(9)+12
4.町田(4)-16
5.FCトリプレッタ(4)-17
6.浦安SC(0)-20

▼関連リンク
【特設ページ】第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP