beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレビュー]ブラジルvsコロンビア どちらの『22歳の10番』が輝くか

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.4 ブラジルW杯準々決勝 ブラジル(日本時間5日5:00)コロンビア フォルタレザ]

 今大会、優勝の筆頭候補に挙げられているブラジル代表にとって、同じ南米のコロンビア代表との準々決勝は、真価が問われる一戦となる。

 最大の注目は、両チームの10番対決だろう。ここまで大会2位の4得点を挙げて、ブラジルを牽引してきたのは、1992年2月5日生まれのFWネイマールだ。一方、コロンビアの核は、得点ランク首位となる5ゴールを挙げている1991年7月12日生まれのMFハメス・ロドリゲスである。10番の復権が示されている今大会、どちらの22歳のエースが祖国を4強に導くか。

 ただし、両選手のコンディションは対照的だ。ネイマールはコンディションに大きな不安を残す。チリ戦で激しいマークにあった王国の10番は、両足を痛めている。医療チームの懸命な治療もあり、全体練習に合流するまで回復したようだが、万全の状態からは程遠い。チリ戦ではFWフッキが存在感を示したが、MFオスカルを含めた攻撃陣が、手負いのエースをどれだけ助けられるか。

 モナコが昨夏、約59億円という大枚をはたいて獲得したハメス・ロドリゲスは、今大会で、その金額に見合う選手であることを証明している。決勝トーナメント1回戦のウルグアイ戦で2ゴールを挙げたコロンビアのエースは、グループリーグ第3節の日本戦で前半に温存されており、コンディションに不安はない。左サイドからの仕掛けを得意とするハメス・ロドリゲスがポジションを変えて、攻撃意欲旺盛な右SBダニエウ・アウベスの背後を突く展開は、想像に難くない。

 加えて、ブラジルはハメス・ロドリゲスをマークする予定だったMFルイス・グスタボが累積警告により、出場停止となる。代役としてMFパウリーニョが起用される見込みだが、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、4-3-3や3-4-1-2への布陣変更も視野に入れているようだ。

 コロンビアは、最終ラインの要であるDFマリオ・ジェペスがウルグアイ戦にもフル出場し、ハムストリングスの負傷による不安を一蹴した。ここまでFWラダメル・ファルカオの不在を感じさせていないFW陣では、ジャクソン・マルティネスが先発で起用される見込み。フアン・マヌエル・サントス大統領は、この試合を全公務員が観戦できるようにと、公休にして、民間企業にも休みにするように働きかけているという。過去最高の成績となるベスト8進出を果たしたチームは、国のバックアップを受けて、ブラジルの希望を打ち砕きに行く。

■FIFAランキング
ブラジル 3位
コロンビア 8位

■対戦成績
ブラジル 15勝8分2敗

■テレビ中継
NHK

★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ

TOP