beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールとバルセロナがL・スアレス移籍で合意? 週末で実現との報も

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレクシスの去就は?

 イギリスやスペインのメディアによると、リバプールFWルイス・スアレスバルセロナ移籍が実現に迫っているようだ。スペインでは、7900万ユーロの移籍金で両クラブが合意に達したと報じられている。一方、イギリス『スカイ・スポーツ』は、週末で移籍が実現すると伝えた。

 リバプールとバルセロナは2日にもL・スアレスの移籍について交渉していた。スペイン『スポルト』や『マルカ』は7900万ユーロ、『アス』は7920万ユーロで両クラブが合意に達したと報じた。

 一方、イギリス『BBC』は、バルセロナが契約解除金を支払うとリバプールに伝えたと報じている。契約解除金は7000~8000万ポンドと見られている。

『スカイ』は、移籍が週末までに実現すると報道。一方『スポルト』は、週末に細部を詰めて、週明けにまとまるのではないかとの見解を伝えた。

『スカイ』は、L・スアレスとサラリー面での合意がまだまとまっていないとしている。一方、『マルカ』は、年俸1200万ユーロの5年契約で合意した模様と報じた。

 なお、両クラブの交渉では、バルセロナFWアレクシス・サンチェスの去就も注目されているが、同選手の移籍が絡むかどうかはまだ分からないようだ。一部メディアは、アレクシスの移籍が織り込まれるかがまだ話し合われていると報道。一方、『スカイ』は、アレクシスの移籍はトレード扱いにならず、リヴァプールに移籍する場合でもL・スアレス移籍とは別枠で扱われると報じている。

 L・スアレスはワールドカップ(W杯)でのかみつき行為で、FIFAから4か月のサッカー活動停止処分を科されている。だがFIFAは、移籍やメディカルチェックへの問題はないと明かした。一方で、処分中はチームとの練習が禁止されるとしている。

★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ
プレミアリーグ2014-15特集
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP