beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クライフ氏が超強力3トップ揃えたバルサを痛烈批判「理解に苦しむ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 元オランダ代表のヨハン・クライフ氏(67)が、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスを獲得したバルセロナを痛烈に批判している。

 現役時代もバルセロナでプレーしているクライフ氏は、引退後の1988年に指揮官に就任すると、超攻撃的スタイルを取り入れ、チームを強化。現在に至るまでのバルセロナサッカーの礎を築いた。そんなレジェンドが古巣の補強に対して苦言を呈している。オランダメディア『テレグラフ』がクライフ氏のコメントを伝えた。

「スアレスの購入は理解に苦しむ。スアレス、FWリオネル・メッシ、FWネイマールの前線3人は個に秀でた選手だ。チームプレーより個人プレーを好むだろう。フランク・ライカールトジョゼップ・グアルディオラが率いていたころの美しいサッカーは一掃されてしまうだろうね」

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

TOP