beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]【特別企画】“ユース教授”安藤隆人氏推薦の大会注目選手(東日本最注目選手&GK、DF編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技
“ユース教授”安藤隆人氏推薦の大会注目選手(東日本編)


 インターハイの東日本出場校における注目選手ですけれども、、まずは何と言っても前橋育英高の2人。渡邊凌磨鈴木徳真になりますよね。2人ともU-17ワールドカップに出場していますし、そのチームでも中核を担っていた。彼らは世代のトップに位置していると思います。

 渡邊に関しては去年伸び悩んでいた時期がありました。自分はストライカーなのか、チャンスメーカーなのかという葛藤がある中で、U-17ワールドカップで点数が取れるようになって、自分はエースストライカーだという自覚が芽生えてきました。ただし、課題もあります。この間話した時に彼もそれを言っていましたが、ファーストタッチの質だったり、受けてからのスピードアップなどまだ足りない部分があります。

 そして鈴木徳真。彼は攻撃力があるからと言って攻撃ばかりに行くのではなくて、チームのバランスを取っている。チームの看板選手である彼が一番献身的にやるので、周りもサボれない。一番実力の高い選手が一番献身的にやっていることが前橋育英の強さにもつながっているので、そこに注目してもらいたいです。

 ポジション別に見てみると、まずGKでは市立船橋高の志村(滉)。彼はこの世代ナンバー1のGKだと思います。1年から出ていますし、去年は(京都入りした)磐瀬が「どんなにいいセーブをしても、一切褒める気はありません」と言っているくらい、どんないいセーブをしても怒られていた。厳しい言葉を浴びせられながら成長してきました。また市船のGKコーチの伊藤(竜一)さんは選手権決勝で帝京に5-0で勝った時のGKなんですけど、伊藤コーチと磐瀬に鍛えられて、ハイボールも強くなったし、セービングも本当に奇跡的なセーブをする。これは入ったというシュートも指先に当てますから、センスは間違いなくあると思いますし、ボクは間違いなくプロに行くと思っています。あとGKで言えば帯広北高細川(龍哉)。彼は182cmあってハイボールの安定感もいい。注目の選手だと思います。

 DFに目を移すと、まずは山梨学院高渡辺(剛)です。ボクは大学のスカウトから結構連絡があるんですけど、渡辺に対する質問が結構多いんですよね。「どう?」とスカウトも注目しているほどの高さと強さを持った選手です。また星稜高鈴木(大誠)は昨年選手権準優勝の時のレギュラーでしたし、ボランチからCBになってもヘディングとか対人は間違いなく強い。この2人がCBの中でも特に注目だと思います。

 CBではほかにも期待している選手がいます。それは矢板中央高星キョーワァン。彼はコンゴ人の父親と日本人の母親を持っていて、身体能力はずば抜けて高いですし、空中戦への気合がいいですよね。鹿島アントラーズにいる植田(直通)ばりに声を上げてヘディングしたりだとか、あとカバーリングがいい。栃木県予選決勝でも佐野日大相手にいいカバーリングをしていましたし、ひざに怪我を抱えているんですが、今後化ける可能性、スケールの大きさを感じます。

 あと青森山田高小坂(悠登)。彼は去年、東京Vユースから青森山田に移ったんですけど、それまで青森山田はDFの層の薄さが悩みだったんですよ。半年間は規定で高体連の試合に出られなかったんですけど、その中でフィジカルが上がりました。元々ガタイのいい選手だったんですけど、今年は3バックの中央に入ってクレバーなカバーリングとビルドアップで中心になっています。4バックにも対応できますし、ヴェルディで培ったテクニック、センスに加えて青森山田で強度をつけたという点は楽しみな選手です。

 あと仙台育英高熊谷(駿)は190cmという高さに注目です。彼は1年の時から試合に出ていましたし、特にパワープレーで前線に入ることもありました。日本人のCBは高さが必要だと思うので、彼の高さは楽しみだと思います。そして東海大翔洋高の畑裕喜は(広島観音監督として日本一に輝いた)畑(喜美夫)先生の息子なんですけど、地区予選の敗者復活からチームを勝ち上がらせたキャプテンシーに注目です。あとSBですが、山梨学院の山中(登士郎)も同じようにキャプテンシーの優れた選手で注目しています。

[写真]安藤氏が最注目選手として推す前橋育英の鈴木(左)と渡邊


▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014

TOP