beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]ユース取材ライター陣が推薦する「全国総体注目の11傑」vol.5

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技
特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国総体注目の11傑』」


 ユース年代を主に取材するライター5氏に全国総体注目の11選手を紹介してもらっている特集企画「全国総体注目の11傑」。第5回はJリーグからユース、少年サッカー、自衛隊サッカーまで広く、深く取材活動を続ける平野貴也氏による11名です。

 チームが苦しいときに「この選手が何をやるのかが見ものだ」と期待をかけられる選手を1校から1人の制限で選出しました。今年は、広範囲の都道府県予選をカバーできず、関東地方と昨年の国体出場者が主な対象となっています。ここに挙げた11人の活躍はもちろんですが「オレを忘れてないか」というニューカマーの台頭も期待しています。

MF増山朝陽(東福岡高)
「『突』の漢字は、穴から犬が飛び出す様を示した会意文字。豪快な突破を見せるワイドアタッカーに、よく似合う一字だ。増山は、相手の間に入り込み、蹴散らすように前へと進む。塞いだはずの道に穴を開けて飛び出してくるこの男に、相手は脅威を覚えるだろう」

DF内田悠麿(成立学園高)
「大胆に持ち上がり、不敵にパスを通す。CBでの起用はかなりギャンブル性が高いが、ビルドアップ能力はピカイチだ。猛犬のごとく襲いかかる相手FWをノールックパスでいなして攻撃の起点となる。最後方から果敢に攻める内田の姿こそが「攻め倒す成立」の象徴だ」

MF渡邊凌磨(前橋育英高)
「抜け出し、トラップ、シュートとゴール前で必要な3要素を兼備する大会屈指の点取り屋。「常にボールと相手を見ながら動き出せる」と山田耕介監督の評価も高い。黄色と黒が基調とする前橋育英は、上州の虎。他を凌駕すべく磨かれた牙が相手のゴールに襲いかかる」

DF高橋颯人(開志学園JSC高)
「新潟のサッカー専門学校が誇る、爆裂レフティー。小学生時代はチームで自他ともに認める「キックの飛ばない選手」だったが、中村俊輔のFKに憧れて蹴り込み続けるうちに、ミート感覚を習得したという。いまや、左の一撃で試合を決めるハードヒッターだ」

FW中野克哉(京都橘高)
「1年次に選手権の準優勝に貢献。仙頭啓矢、小屋松知哉に次ぐ第3アタッカーとして活躍した。最高学年を迎え、エースとして期待される。アタッキング能力の高さは疑いようがない。好不調の波を感じるが、堂々と背中で引っ張る存在になってもらいたいところだ」

DF藤井拓(市立船橋高)
「朝岡隆蔵監督が『ピッチに監督がもう一人いる』と信頼を置く主将。ボランチからセンターバックに代わり、最後方からチームを統率する。守備力や攻撃の組み立てなどプレーそのものも注目に値する選手だが、戦術理解度、試合の流れを読む力が特に長けている」

FW平野皓巴(長崎海星高)
「昨年の東京国体で、自慢の破壊力を大いに見せつけた。抜け出しが得意で周囲に生かされるタイプと自認しているが、実際はパワードリブルも持っており、もっと豪放だ。練習でPKを外し続けていても、試合になればど真ん中にズドンと決める気持ちの強さも魅力」

MF塚越亮(麻布大附高)
「神奈川県が誇る魔法使いだ。麻布大附は、サイドMFを置かず、ボールサイドに極端なほど人数をかけて攻める。その入口と出口になるのが、塚越だ。卓越したボールキープで味方の連係を待って起点となり、ショートパスの交換からアイデア抜群のラストパスを送る」

MF木村拓麻(習志野高)
「運動量が豊富で『常にボールに関わっていないと不安になる』と、攻撃でも守備でも先手を打って動く能動的な選手で、チームに推進力を与える。積極的なターンで攻撃を活性化する存在でもある。押される時間や、疲労度の強い終盤は特に頼りになる選手だ」

MF富田光(中京大中京高)
「複数の強豪校が『強かったチーム』として挙げる中京大中京で2年次から10番を背負っているエース格。年代別代表や国体も経験している。技術が高く、ドリブルでもパスでも相手の守備網を切り裂くことができる選手で、特に左サイドからの崩しは必見だ」

MF佐藤直輝(浦和東高)
「中速、高速とギアを変えながらドリブルを仕掛けるアタッカー。相手の目を引き付けることで周囲を生かすこともできる。浦和東は、かつてのソリッドな印象からテクニカルな集団に生まれ変わっており、佐藤のドリブルはパスサッカーの中のアクセントとなる」

[写真]平野氏が“魔法使い”と表現する麻布大附の司令塔・塚越

執筆者紹介:平野貴也
1979年生まれ。東京都出身。専修大卒業後、スポーツナビで編集記者。当初は1カ月のアルバイト契約だったが、最終的には社員となり計6年半居座った。2008年に独立し、フリーライターとして育成年代のサッカーを中心に取材。ゲキサカでは、2012年から全国自衛隊サッカーのレポートも始めた。「熱い試合」以外は興味なし。

▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014

TOP