beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-18]グループA~D第1節総括:川崎F U-18がV候補・清水ユース撃破!

このエントリーをはてなブックマークに追加
adidas CUP 2014
第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会


 adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会が24日に開幕。グループリーグ第1節の16試合が開催された。

 グループAでは浦和レッズユースがプレミアリーグ勢の鹿島アントラーズユースを撃破した。浦和は0-0の後半22分、U-19日本代表DF茂木力也のラストパスを交代出場のU-16日本代表MF渡邊陽が右足ダイレクトで決めて先制。28分にも交代出場のFW松澤彰が決めて2-0で勝った。 もうひとつのプレミアリーグ勢、コンサドーレ札幌U-18は4年ぶり出場の塩釜FCユースと対戦。前半アディショナルタイムにMF工藤竜平のシュートのこぼれ球をFW久保田成悟が押し込んで先制した札幌は、後半開始から投入されたFW粟飯原尚平が3分にゴールを破るなど5-1で快勝した。

グループBは三菱養和SCユースジュビロ磐田U-18が好発進した。ファジアーノ岡山U-18と対戦した三菱養和は前半20分にFWディサロ燦シルヴァーノが得意の左足で先制ゴール。さらに10番のMF下田悠哉が2点を加えた三菱養和は後半にもMF相馬勇紀がPKを決めて4-1で快勝した。磐田はFW山本紘夢の左足FKとDF塩谷仁のゴールによって2-0でアミーゴス鹿児島U-18を破った。

 激戦区となったグループCはセレッソ大阪U-18川崎フロンターレU-18が白星発進した。横浜FCユースと対戦したC大阪は前半33分にMF温井駿斗のシュートのこぼれ球をFW久保吏久斗が押し込んで先制。前半アディショナルタイムにも温井の左CKをU-17日本代表DF庄司朋乃也が頭で合わせて2点目を奪うと、後半にも2点を加えて4-0で快勝した。優勝候補の清水エスパルスユースと対戦した川崎Fは前半11分にFW岡田優希のアシストからMF牧寛史が左足で先制ゴール。後半5分にもMF伊藤健太が頭で加点した川崎Fに対し、清水も後半35分にMF望月大が1点を返したが、逃げ切った川崎が2-1で勝った。

 グループDはジェフユナイテッド千葉U-18ガイナーレ鳥取U-18を1-0で下した。千葉は0-0の後半35分にFW岩田尚樹が決勝PKを決めて勝利。京都サンガF.C.U-18アルビレックス新潟U-18戦は京都が13年U-17W杯日本代表MF永島悠史とFW松下英右のゴールによって2点を先取したが、新潟はMF斎藤宏太のヘディングシュートで1点差とすると、後半5分にはMF小池裕太が左足PKを決めて2-2の引き分けに持ち込んでいる。


▼関連リンク
【特設ページ】第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP