beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-18]グループA~D第2節総括:“街クラブの雄”三菱養和SCユースと磐田U-18が決勝T進出!

このエントリーをはてなブックマークに追加
adidas CUP 2014
第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会


 adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は25日にグループリーグ第2節が行なわれた。各グループ上位2チームが決勝トーナメントへ進出。グループリーグ最終節は27日に行われる。

 グループAは全勝チームが消えた。初戦で鹿島アントラーズユースに勝利した浦和レッズユースは街クラブの塩釜FCユースと1-1で引き分け。前半28分に塩釜FCのFW高橋滉也に先制ゴールを奪われると、相手の3倍以上となるシュート14本を放ちながらも後半17分にFW小川紘生が決めた1点に終わった。鹿島は今大会初勝利。前半25分にCKからコンサドーレ札幌U-18DF泉谷航輝に先制ヘッドを決められたが、直後の29分にCKからFW吉岡樹利也が同点ゴールを決めると、後半には10番MF田中稔也が2点を奪って3-1で逆転勝ちした。

 グループBは街クラブの雄、三菱養和SCユースジュビロ磐田U-18が2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。アミーゴス鹿児島U-18と対戦した三菱養和は前半12分、MF相馬勇紀が2戦連発となる先制ゴール。29分にはFWディサロ燦シルヴァーノの右CKが相手オウンゴールを誘うと、35分にはディサロが2試合連続ゴールを奪う。後半、アミーゴス鹿児島もCKからDF米満毅が1点を返したものの、その後突き放した三菱養和が5-1で快勝した。ファジアーノ岡山U-18と対戦した磐田は前半15分にDF塩谷仁が2戦連発となるゴール。後半4分にはインターセプトからFW山本紘夢がこちらも2試合連続となるゴールを奪う。岡山も17分にMF桑田大地が1点を返したが、終盤に2点を加えた磐田が4-1で勝った。

 グループCはともに初戦で勝利しているセレッソ大阪U-18川崎フロンターレU-18が激突。C大阪が5-1で快勝して決勝トーナメント進出へ大きく前進した。前半4分にFW高田和弥のアシストからFW阪本将基が決めたゴールによって先制したC大阪は9分にもFW久保吏久斗がゴール。29分にはMF沖野将基がPKを決めて3-0で折り返す。後半にも2点を加えたC大阪が2連勝とした。清水エスパルスユース横浜FCユースとの一戦は前半3分にMF西澤健太が左足シュートを決めて清水が先制。このリードを守った清水が1-0で勝利して1勝1敗、得失点差で2位へ浮上している。

 グループDは京都サンガF.C.U-18ジェフユナイテッド千葉U-18を1-0で破って1勝1分でグループ首位へ浮上した。京都は0-0の後半15分、FW沼大希からのパスを受けたU-19日本代表候補FW奥川雅也が右足で決勝ゴールを決めている。ガイナーレ鳥取U-18は出場3回目で初勝利をマークした。アルビレックス新潟U-18と対戦した鳥取は後半6分にMF影山真大が右足で先制点。17分にもMF磯江太勢の右CKを203cmFW畑中槙人が頭で決めて2-0で勝った。

▼関連リンク
【特設ページ】第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP