beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

樋口が加入即デビュー弾、首位・湘南はホームで無傷の12連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.26 J2第23節 湘南2-0富山 BMWス]

 首位湘南ベルマーレはホームで最下位のカターレ富山と対戦し、2-0で快勝した。8連勝を飾った湘南はホームでは開幕から無傷の12連勝となった。

 立ち上がり早々にリードを奪った。湘南は前半5分、右サイドを縦に突破したMF藤田征也のクロスからFWウェリントンがヘディングシュート。GKが一歩も動けない完璧なタイミングでのゴールだった。

 富山は前半20分にFW中島翔哉が右足でミドルシュートを狙うが、枠外。同39分、MF内田健太の強烈な直接FKもGKに弾かれた。

 1点リードで折り返した後半も湘南ペースで進む。後半36分、FW武富孝介に代えてFW樋口寛規を投入。23日に清水からの期限付き移籍が発表された樋口がいきなり魅せた。出場から1分後の左足ミドルはポストを直撃したが、同41分、DF三竿雄斗の左クロスに滑り込みながら右足で流し込んだ。

 3日前に加入が決まったばかりの樋口の移籍後初出場初ゴールが試合を決定づける追加点。背番号40のストライカーは試合後のインタビューで「湘南はずっと連勝していて、調子もいいし、僕が入って負けたらどうしようというプレッシャーもあった」と苦笑い。得点シーンについては「いいボールだったので、当てるだけだった。1試合目で点を取って、チームも勝つことができて、ちょっとホッとしている」と安堵の表情だった。


▼関連リンク
[J2]第23節 スコア速報

TOP