beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-18]激闘の結末は非情な抽選、F東京U-18が決勝切符つかむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.1 日本クラブユース選手権準決勝 JFAアカデミー福島U18 1-1(抽選によりF東京勝者扱い) F東京U-18 三ツ沢陸]

 夏のクラブユース日本一を決めるadidas CUP 2014 第38回日本クラブユース選手権(U-18)大会は1日に三ツ沢公園陸上競技場で準決勝2試合を行い、第2試合は抽選の結果、FC東京U-18が決勝に進出することとなった。JFAアカデミー福島U18との試合は1-1で前後半を終了したが、後半に雷雨による1時間もの中断があり、試合の終了時間を迎えてしまうため、抽選での決着となった。両チームには中断から再開した時点で延長戦、PK戦を行わない旨が大会運営者より伝えられていた。

 抽選による決着はあまりにも酷だったが、試合は両者ともに譲らない好ゲームだった。前半は、F東京のペースで進んだ。先制点は、カウンターからだった。JFAアカデミー福島は左MF谷口憧斗が縦パスを送り、FW浜田力がポストプレーを展開。パスを受けた1年生FW延祐太がボールをコントロールしてシュートを狙おうかというプレーに入ったときだった。切り替えそうとした延がボールに乗っかってしまい、F東京はMF小山拓哉がこぼれ球をすかさず奪取。MF安部柊斗を経由して左前方へと一気に展開すると身長181cmを誇る大型アタッカーの蓮川がゴールへ猛突進。寄せてきた相手を吹き飛ばすと、豪快にシュートを突き刺した。10分には相手のミスからボールを奪い、MF高橋宏季がシュート。14分にも安部がドリブルで左に流れながらシュートを放つ場面があった。3-4-3システムのF東京は、ボランチの高橋が小気味よく動いて潤滑油となり、2シャドーの一角に入る佐々木渉、前線の長澤皓祐とリズムの良い連係を作り出していた。23分に鋭い切り返しから長澤、25分にカウンターから蓮川とシュートを連発し、前半だけで9本もの数を記録に残した。

 JFAアカデミー福島は、よく1失点で耐えた。前半30分過ぎからは雷鳴が轟き、ハーフタイムには雨も振り始めた。風雲急を告げる中、切り札の草野侑己を投入すると、効果はてき面だった。草野はいきなり強烈なミドルで襲い掛かり、なおも強引な突破からチャンスメークとフル稼働。前がかりになったJFAアカデミー福島に対して、F東京は後半9分に蓮川の突破から佐々木がスライディングシュートを放つ決定機を迎えたが、キックミス。後半15分にはショートパスの連係から小山拓哉がGKとの1対1を迎えたが、JFAアカデミー福島のGK似鳥康太が好守を見せた。

 やや打ち合いの展開ながら、前半は劣勢だったJFAアカデミー福島が盛り返してきた後半18分、試合は雷雨のため一時中断となった。約1時間という長い中断で主催者側は冒頭の判断を下した。25分ほどの時間で逆転を狙うJFAアカデミー福島は試合再開と同時にまたも草野がパワフルな突破を敢行。味方がクロスバー直撃のシュートを放ち、勢いを見せる。後半36分には谷口の突破から得たFKで、左DF高森大夢のセンタリングを草野がヘッド。そして40分、中盤でボールを奪った浅見貫太から飛鷹啓介を経由して浜田のポストプレーにつなぐと、谷口がシュート。これはポストをたたいたが、跳ね返りをFW加賀山泰毅が押し込んで、ついに同点とした。JFAアカデミー福島のシュート数は前半3本、後半11本。猛烈な巻き返しだった。

 しかし、試合は結局1-1で終了。両チームのキャプテンによる抽選となった。それぞれが選んだ封筒を開けた瞬間、叫び出したのは、F東京のキャプテン、大西拓真だった。当然、チームメートは歓喜。それを呆然と見たJFAアカデミー福島の金城ジャスティン俊樹の表情には、何とも言えない虚無感が漂っていた。前半がF東京のゲームだったことは間違いなく、後半にJFAアカデミー福島が見せた粘りも素晴らしかった。F東京の佐藤一樹監督は「ただじゃ死なないというか、しぶといというか。大したもの。再開後は、完全にアカデミーの方が良い入り方をしていた。持ち直すのは難しかった」と相手を称えつつ、激戦から決勝の切符を持ち帰った選手を称え、JFAアカデミー福島の中田康人監督も「胸を張って帰ろう、負けないで帰れる、今度再開するプレミアリーグEASTで悔しさをぶつけられるように努力しようと選手には伝えた」と教え子の奮闘に誇りを示した。

 決勝戦は、2日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、F東京は三菱養和SCユースと対戦する。F東京は馬場憂太を擁した2001年、三田啓貴(現F東京)や重松健太郎(現栃木)を擁した2008年に優勝しており、今大会を制すれば、6年ぶり3度目の優勝となる。

(取材・文 平野貴也)
▼関連リンク
【特設ページ】第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP