beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ナバス:「謙虚にハードワークを続ける」

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームメイトとの関係には「リラックス」

 レアル・マドリーGKケイロル・ナバスは16日、フィオレンティーナとの親善試合でマドリーでのデビューを飾った。試合後、同選手はチームメイトたちと問題はなく、謙虚に仕事を続けていくと話している。

 この夏マドリーに加わったコスタリカ代表のナバスは、GKイケル・カシージャスとポジションを争う。マドリーは1-2とフィオレンティーナに逆転負けしたが、ナバスは試合後、ミックスゾーンで次のようにコメントした。スペイン『アス』が伝えている。

「今日の試合に勝てなかったのは残念だ。でも、僕は良い気分だったよ。全般的には非常にポジティブだった。チームメイトたちと初めて一緒にやれたのは大きなことだ。僕らは仕事を続け、日々向上しなければいけない」

「チームメイトたちとの関係? リラックスしているよ。うまくいかない理由はない。僕は謙虚にハードワークするために来たんだ。これまでの人生と同じようにね。コーチングスタッフに身を委ねている。決して屈しないし、毎日できるだけハードワークをし続けるよ」

 アトレティコ・マドリーとのスペイン・スーパーカップについて、ナバスはこのように続けた。

「次の試合に向かわなければいけない。僕らは勝ちたいと思っている。僕らには商社のメンタリティーがあるんだ。チームはモチベーションを感じているし、勝ち取るべき重要なトロフィーがある。僕らは勝つために全力を尽くすよ」


▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP