beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Fリーグ]名古屋が浦安に敗れて3シーズンぶりの連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.21 Fリーグ2014/15第14節 名古屋4-5浦安 グリーン神戸]

 Fリーグは9月19日から21日までの3日間で、セントラル開催の13節、14節の12試合を行った。21日の第3試合では、14節の名古屋オーシャンズバルドラール浦安戦が行われた。

 前日の大分戦でFP吉川智貴が退場し、この日は出場停止。さらにケガ人も多数出たことで、名古屋はGK2名FP7名の9人の選手登録で試合に臨んだ。それでも、前半7分にはFP八木聖人のゴールで先制する。同10分にはFP星翔太に同点ゴールを決められたが、同11分にはFPシンビーニャのゴールで、前半をリードして終える。

 後半5分にも名古屋はFPペドロ・コスタがゴールを決めて、名古屋はリードを広げる。しかし、少ない人数で戦う弊害が出る。後半9分に星に2点目を決められると、その32秒後にもFP稲葉洸太郎のゴールで試合は振出しに戻る。

 これで勢いづいた浦安は、後半14分にFP荒牧太郎が逆転ゴールを決めた。2連敗を阻止したい名古屋も、同16分にFP森岡薫が得点を決めて同点に追いつく。このまま逆転を目指す名古屋だったが、残り2分を切って6つ目のファウルをしてしまい、第2PKを与える。これを稲葉に決められて、再び浦安が5-4で勝ち越した。名古屋はFP北原亘をゴレイロにしてパワープレーに出たが、同点ゴールを挙げられないまま試合は終了。名古屋は11-12シーズン以来、3シーズンぶりの連敗を喫した。

 次節、浦安は27日にアウェーですみだと対戦する。セントラルでまさかの2連敗となった名古屋は、28日にホームで大阪と対戦する。

名古屋オーシャンズ 4-5(前半2-1) バルドラール浦安
<得点者>
[名]八木聖人(7分)、シンビーニャ(11分)、ペドロ・コスタ(25分)、森岡薫(36分)
[浦]星翔太2(10分、29分)、稲葉洸太郎2(29分、39分)、荒牧太郎(34分)

TOP