beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Fリーグ]鈴村の復帰1年弾で追い付いた神戸が町田に逆転勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.21 Fリーグ2014/15第13節 町田2-3神戸 グリーン神戸]

 Fリーグは9月19日から21日までの3日間で、セントラル開催の13節、14節の12試合を行った。21日の第4試合では、13節のペスカドーラ町田デウソン神戸戦が行われた。

 セントラル初日、北海道に敗れていた神戸は、前半9分にFP原田浩平のゴールで先制する。しかし、9試合負けなしの町田も、FP本田真琉虎洲が12分に同点ゴールを決めた。後半3分には、再び本田がゴールを決めて逆転する。

 地元開催のセントラルを2連敗は避けたい神戸。後半14分からはFP田中智基をゴレイロに、パワープレーに出る。迎えた18分、神戸は上咽頭ガンから復帰して、ちょうど1年のFP鈴村拓也が同点ゴールを挙げる。その直後にも、町田の6つ目のファウルで第2PKを得ると、これをFP須藤慎一が決めて3-2と逆転する。ビハインドを背負った町田は、FP横江怜をゴレイロにしてパワープレーに出たが、得点を挙げられないまま、試合は終了した。

 勝利した神戸は次節、27日にアウェーで府中と対戦。敗れた町田は、28日にアウェーで仙台と対戦する。

ペスカドーラ町田2-3(前半1-1) デウソン神戸
<得点者>
[町]{{本田真琉虎洲}2(12分、23分)
[神]原田浩平(9分)、鈴村拓也(38分)、須藤慎一(38分=第2PK)

TOP