beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

内田、シャルケとの契約延長は秒読み段階か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャルケのDF内田篤人が2018年までの契約延長で合意間近にあるようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じている。

 現在の契約は来年6月末で満了となる内田。クラブはブラジルW杯前にも契約延長を目指して交渉を開始していたが、W杯に集中するため、いったん交渉は中断されていた。同誌によると、交渉は順調に進んでおり、国際Aマッチウィークでリーグ戦が中断する週明けにも新契約にサインする可能性があるという。

 右膝蓋(しつがい)腱に炎症を抱え、今季は開幕から欠場が続いていた内田。先月23日のブレーメン戦に今季初出場初先発し、実戦復帰を果たすと、同27日に行われたドルトムントとのルールダービーでも好パフォーマンスを見せて勝利に貢献した。

 なお、内田は今月10日のジャマイカ戦(デンカS)、14日のブラジル戦(シンガポール)に臨む日本代表メンバーには招集されていない。


▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集
欧州組完全ガイド

TOP