beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

INAC神戸、前田監督が成績不振で辞任

このエントリーをはてなブックマークに追加

 INAC神戸は16日、前田浩二監督が15日付で辞任したと発表した。前田監督は今季から、リーグ4連覇を狙うINAC神戸の監督に就任。しかし、チームは連敗でスタートするなど低迷し、4連覇は絶望的となっていた。

 クラブによると14日に本人から成績不振により辞任の申し出があり、15日にチーム側が受理をしたという。19日の試合は森亮太コーチが代理で指揮を執る。

 今季のINAC神戸は、レギュラーシリーズを5位で終え、エキサイティングシリーズの上位リーグに進出したものの、5試合を戦い、1勝1分3敗で5位に低迷。首位・浦和とは勝ち点11差となり、次節の結果次第では4連覇の可能性が消滅する状況だった。

プロフィールは以下のとおり

●前田 浩二
MAEDA Koji
■生年月日
1969年2月3日生
■出身
鹿児島県
■資格
日本サッカー協会 公認S級ライセンス取得
■在籍
2014年2月1日~10月15日
■実績
〔プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ〕
9勝2分7敗
〔プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ上位リーグ〕
1勝1分3敗
■指導歴
ヴォルカ鹿児島:選手兼監督―神戸:強化ディレクター、コーチ―ヴォルカ鹿児島:GM兼ヘッドコーチ―福岡:監督―鳥取:強化部長、監督(強化部長兼任)

TOP