beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[なでしこ]日テレが首位浦和撃破!!岡山湯郷大逆転勝利で再び上位混戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
 なでしこリーグのエキサイティングシリーズ上位リーグは19日、第6節を各地で行った。首位の浦和レッズはホームで3位日テレ・ベレーザと対戦。前半20分にMF岸川奈津希が右足で押し込み先制した浦和だが、後半15分にMF 原菜摘子に同点弾を許すと、同39分にはDF木下栞に逆転弾を決められ、1-2で敗れた。浦和はエキサイティングシリーズ初黒星。

 2位の岡山湯郷ベルは敵地でジェフユナイテッド千葉レディースと対戦。後半7分までに3点のビハインドを背負う苦しい展開となったが、後半14分にMF宮間あやのPKで反撃を開始。同24分にFW有町紗央里、同37分には宮間のFKをDF髙橋佐智江が頭で合わせてついに同点に追いつく。そして後半アディショナルタイム5分、有町が左足でゴールネットを揺らし、4-3と大逆転勝利を飾った。この結果、上位3チームは勝ち点2差にひしめく大混戦となっている。

 成績不振により前田浩二監督を解任したINAC神戸はホームでアルビレックス新潟レディースと対戦。しかし互いに決定力に欠け、スコアレスドローで終えている。IANCは次節にも4連覇が消滅する。

 エキサイティングシリーズ下位リーグは19日に第5節を開催。伊賀FCがホームでベガルタ仙台レディースを2-0で撃破。仙台にエキサイティングシリーズ初黒星を付けた。もう1試合はAS埼玉が敵地で吉備国際大に2-1で勝利している。


▼関連リンク
なでしこリーグ2014 特集ページ

TOP