beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

最下位徳島とスコアレスドローも、G大阪が9年ぶり2度目のリーグ制覇!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.6 J1第34節 徳島0-0G大阪 鳴門大塚]

 J1は6日、2014シーズンの最終節を迎え、首位のガンバ大阪はアウェーで最下位の徳島ヴォルティスと対戦した。2位の浦和と勝ち点62で並びながらも、得失点差で+7のアドバンテージのあるG大阪にとって、勝てば優勝が確実な一戦に、17,274人が詰めかけた。守備を固めた徳島に対して攻めあぐねたG大阪は、最後までゴールを挙げられずに0-0で試合終了。それでも、2位の浦和、3位の鹿島がともに敗れたため、9年ぶり2度目の優勝を決めた。

 ここ12試合未勝利(1分11敗)で、今季のホーム初勝利を目指す徳島は、前節の仙台戦(1-2)から2人を変更。DF村松大輔とMF廣瀬智靖の2選手に代えて、MFエステバンが3試合ぶりに先発出場、またMF衛藤裕が4試合ぶりにスタメン入りして4-3-3の布陣で試合に臨んだ。一方、前節の神戸戦(3-1)に勝利して首位に立ったG大阪は、出場停止だったDF米倉恒貴が先発に復帰。DFオ・ジェソクが本来の左SBに戻し、4-4-2を採用した。
[スタメン&布陣はコチラ]

 この試合のファーストシュートは2分、徳島の衛藤が右サイドから中央に入り、ゴールを狙ったがシュートを枠に飛ばせない。その後もG大阪はボールを保持するものの、高い位置まで運べない。逆に徳島は14分にも左サイドからDF那須川将大がゴールを狙ったが、GK東口順昭に抑えられた。

 G大阪もFW宇佐美貴史が何度かドリブルでしけ蹴るが、シュートまでいけない。徳島は前半20分にも速攻からシュートで攻撃を終え、CKを得る。その流れから再び那須川がゴールを狙ったが、これもGK東口にキャッチされた。

 前半29分、ようやくG大阪にチャンスが来る。PA内のFWパトリックに縦パスが出ると、DFが跳ね返したボールを拾ったMF阿部浩之がDFをかわして左足でフィニッシュに持ち込んだが、シュートは枠を越えて行った。同31分にもG大阪はPA内で米倉がシュートを放ったが、GK長谷川徹のセーブに遭い、決定機を生かせなかった。

 その後も前半41分に1本のロングボールから、パトリックがシュートに持ち込むなど、徳島に圧力を掛けたG大阪。しかし、得点を挙げられないまま、前半を折り返した。

 G大阪は後半開始から阿部をベンチに下げて、MF倉田秋を左SHに起用、大森を右に移した。同2分には徳島が攻め込み、ゴール前の混戦からDF橋内優也がゴールネットを揺らしたが、ボールを受けた位置がオフサイドポジションにいたため、得点は認められなかった。11分にも徳島はCKの流れから衛藤が強烈なシュートを放つが、左に逸れて行った。

 その後も徳島が優勢に試合を進め、14分には右サイドからのクロスにFWキム・ジョンミンが合わせたが、GK東口が正面で抑えた。流れを変えたいG大阪は、18分に米倉を下げて、DF藤春廣輝を左SBに入れて、オ・ジェソクを右に移す。後半19分にはCKの流れから、その藤春がミドルシュートでゴールを狙ったが、ボールはクロスバーを越えて行った。同22分にも宇佐美が左から上げたクロスにパトリックが頭で合わせたが、枠を捉えられない。

 徳島は後半23分に衛藤を下げて、MFアレックスを起用する。少しずつ流れをつかんだG大阪は、24分にMF今野泰幸の縦パスを受けた宇佐美がゴールを狙うが、これもクロスバーを越える。

 守備の集中が切れない徳島は後半27分、高い位置でアレックスがパスカット。キム・ジョンミンとのパス交換からフィニッシュに持ち込むが、左サイドネットに外れて行った。同30分に徳島はキム・ジョンミンを下げて、FW高崎寛之を送り出す。攻め切れない時間の続くG大阪は、32分に宇佐美がPA内でドリブルからシュートを打ったが、これもわずかに枠を越えた。

 残り10分を切り、G大阪は最後の交代枠で大森を下げてFWリンスを起用する。徳島陣内でボールを回すものの、良い形でシュートまでいけない。同44分の宇佐美のシュートも、DFにブロックされる。アディショナルタイムのパトリックのヘッドもクロスバーを越えた。

 結局、最後まで得点は決まらなかったが、他会場の結果、G大阪が2度目のリーグ制覇を達成し、ナビスコ杯に続く2冠を達成した。一方、ホーム未勝利となった徳島は、12年札幌、13年大分と同じ過去最低勝ち点14でシーズンを終えた。
(取材・文 河合拓)
▼関連リンク
[J1]第34節 スコア速報

TOP