beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]F東京内定、流経大柏MF小川が大会初得点!厳しいマークにあうも「打開できなければプロとしてやっていけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.2 全国高校選手権2回戦 流通経済大柏高1-1(PK5-3)矢板中央高 フクアリ]

「右サイドに出たときに、ゴール前に入ることを意識していた。点を取りたかったのでゴール前にいたら、ちょうどこぼれてきたので押し込むだけでした」。今大会注目のひとり、流通経済大柏高(千葉)のMF小川諒也(3年=F東京内定)は、待望の選手権初得点を振り返る。

 得点のシーンではゴール前に顔を出していた小川が、主戦場は左サイド。この日は4-4-2の左SHとして先発すると、矢板中央は人数をかけて小川のドリブルを警戒した。「マークが厳しくなると思うんですけど、そこで打開できなければプロとしてやっていけないと思う。逆に言えば、2人、3人食い付いてきたところをはがしてしまえば他で数的優位ができる」。実際、背番号2が果敢に左サイドの突破を試みる姿は、この試合で再三見ることができた。

「1-1で点を取りに行きたかったので、前に上がりました」。ドリブルだけでなく、ヘディングとフィニッシュの能力にも長けた小川を活かすため、「自分たちで考えて」終盤は最前線に張り付いた。これまでCBからFWまで、あらゆるポジションをこなしている小川だが、「中1くらいからやってきている」という左SBにこだわりがあるという。「SBが一番前を向いて(ボールを)もらえるので、そこが一番やりやすい」。

 本田裕一郎監督は小川が万全で大会に臨んでいないとしながらも「だんだんよくなってきた」と評価。「初戦であまり自分らしいプレーができず活躍できなかったので、大会を通して調子を上げていきたい」。3回戦の水橋高(富山)戦では、より躍動する姿を見せてくれそうだ。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 奥山典幸)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

TOP