beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川島、PKを止められず…「自分自身、力不足」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.23 アジア杯準々決勝 日本1-1(PK4-5)UAE シドニー]

 チームを救いたかった。1-1のまま突入したPK戦。GK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)は「フィールドの選手はやれることをやってくれたと思うし、最後は自分の役割だった」と、強い決意でゴールライン上に立った。

 先攻の日本は1人目のFW本田圭佑が失敗。UAEは10番のMFオマル・アブドゥルラフマンが1人目のキッカーを務めた。川島はキッカーに向かって左に飛んだが、その動きをあざ笑うようにチップキックでゴール中央に決められた。

「自分は1本1本と考えていたし、1本目をああやって蹴られたからといって特に気にしなかった」というが、なかなかリズムに乗れない。2人目のキックには反応できず、3人目は相手が上に外してくれたが、4人目、5人目と逆を突かれた。

 日本は6人目のMF香川真司がポストに当て、失敗。決めれば勝利が決まるUAEの6人目、DFイスマイール・アハメドのキックに川島は反応したが、弾き出すことはできず、日本の準々決勝敗退が決まった。

 相手のPKの情報は「特になかった」というが、「自分の仕事ができなかったことは残念。自分自身、力不足だなと思う」。少なくとも1本は止めたかった。日本の守護神は自らを責め、ベスト8敗退という結果を受け止めた。

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
アジア杯2015特集

TOP